近刊検索 デルタ

2021年2月8日発売

同文舘出版(株)

女性たちが見ている10年後の消費社会

市場の8割を左右する「女性視点マーケティング」
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
昭和、平成、令和――大量生産、大量消費の時代は終わり、
モノからイギ消費へ、“感じる”マーケティングの時代になった。

自分、夫、子供、親、友人、地域、社会。
幅広い領域で「買う力」「選ぶ力」を持つ女性へのマーケティングは必須の課題。

「女性視点マーケティング」とは、もうひとつのマーケティングである。
そして、女性消費者は、マーケットに大きな影響をもたらす消費リーダーであることを考えれば、女性視点マーケティングを今からでも急ぎ実践することは、見えなかった世界が広がっている可能性に満ちていることに気がつく。

女性消費者にしか感じ取れていない“未踏の地=新市場”を開拓するヒント。
ワークマン、スープストックトーキョー、ディーンアンドデルーカ、GUなど、女性の感性に訴え、選ばれている企業の事例を紹介。
次世代につながる消費キーワードを、さまざまなデータとたくさんの事例を通して解説していく。
目次
プロローグ 女性視点から社会を見れば、10年先が見える
第1章 女性トレンド最新キーワード
第2章 女性に関するデータの変化を見れば未来が見える
第3章 女性は買物の9割に影響を及ぼす消費リーダー
第4章 女性視点マーケティングのビジネスモデル事例
第5章 女性視点マーケティングの成功に導く5つの理解
第6章 女性視点マーケティングの実践トレーニング
第7章 2021年以降、伸びる女性マーケットと着眼点
第8章 女性特有の「ブルー消費」は空白ゾーン
第9章 女性たちが見ている10年後の消費社会
著者略歴
日野佳恵子(ヒノカエコ hinokaeko)
株式会社ハー・ストーリィ 代表取締役 1990年広島市にて創業。地域の女性たちのネットワークをつくり、消費者体験の意見などを企業に届けるマーケティングサービスを行なう。同時に、家庭にいる女性たちの能力を活かす人材バンクを立ち上げ、自宅で業務ができる現在のリモートワークの原点に近い就労スタイルを確立させる。女性たちのクチコミパワーに着目した書籍『クチコミュニティ・マーケティング』(朝日新聞社)はベストセラーとなる。 2010年以降、拠点を東京に移し、「女性視点マーケティングⓇ」という消費全体の8割に影響を及ぼす女性の存在に着目したマーケティングを企業に提供している。2015年から女性消費者動向レポート「HERSTORY REVIEW」を月刊で発行。「女性のあした大賞」アワードを開催し、女性たちの未来を支援する商品・サービスを表彰している。
タイトルヨミ
カナ:ジョセイタチガミテイルジュウネンゴノショウヒシャカイ
ローマ字:joseitachigamiteirujuunengonoshouhishakai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:平岡聡 
集英社:芥見下々 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。