近刊検索 デルタ

2021年4月9日発売

同友館

レセプト管理論

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「レセプト」は単なる保険者への請求明細書だけではなく、広義では重要な医療・福祉記録データであると言える。またいくつかの書籍では、診療報酬請求明細書、診療報酬と書かれているが、書籍によって定義が異なって、あいまいとなっている。
本書では医科歯科分野、調剤報酬、介護報酬を含めたものとしてレセプトの定義を定めた。電子カルテ時代においてのレセプトの概要、また外国人患者に対応した国際的医療制度を背景にした国際的知識、レセプト開示に関連した患者説明における説明力、レセプトデータを用いた応用的科学的研究などを解説する。
目次
第1章 レセプト管理とは
 1-1 レセプトとは
 1-2 レセプト管理(レセプトマネジメント)
 1-3 情報更新管理
 1-4 これからのレセプト
                 
第2章 レセプト・コンプライアンス
 2-1 セキュリティに関するレセプト・コンプライアンス
 2-2 不当・不正請求防止に関するレセプト・コンプライアンス
    
第3章 レセプト情報の活用
 3-1 レセプト研究の可能性
 3-2 活用事例(学会発表の動向)
                                                                                       第4章 医療サービスマネジメント
 4-1 患者満足
                                                                                       第5章 サービスと人材育成
 5-1 中小企業の人材育成
 5-2 コンテンツ産業における人材育成
 5-3 ペット産業におけるサービスと人材育成
 5-4 福祉サービスにおける人材育成
 5-5 海外の人生における人材確保と人材育成
                                                           第6章 マネジメントにおける病院の事例
 6-1 医療を取り巻く環境
 6-2 組織マネジメントの重要性
 6-3 医療事務に求められる使命・役割
 6-4 マネジメントの思考法(Do it NOW!)
 6-5 世界視点で病院運営をリードする人材
 6-6 総括
                                                         第7章 医療マーケティングとレセプトマネジメント
 7-1 レセプト・マネジメント
 7-2 マーケティングとは
 7-3 サービス・マーケティング
 7-4 レセプトマネジメントへの期待

第8章 患者対応と国際化
 8-1 はじめに
 8-2 医療の国際化
 8-3 外国人患者対応の実際
                                                           第9章 日本と海外の医療制度
 9-1 日本の医療制度
 9-2 海外の医療制度  
著者略歴
日本レセプト学会(ニホンレセプトガッカイ nihonreseputogakkai)
タイトルヨミ
カナ:レセプトカンリロン
ローマ字:reseputokanriron

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

同友館の既刊から
小川正博/著
日本パブリックリレーションズ協会/編集
日本レセプト学会/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
幻冬舎:横田慎太郎 
東洋経済新報社:山脇秀樹 
光文社:有馬美季子 
ぺりかん社:苅部直 前田勉 
KADOKAWA:黒崎蒼 AkiZero 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。