近刊検索 デルタ

2021年6月3日発売

中央経済社

企業会計における評価差額の認識

純利益と包括利益の境界線
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
なぜ会計上の評価差額の一部を「純利益」に含め、他の評価差額を「包括利益」とするのか。この問いに対し、歴史的な変遷をたどり、各会計基準を横断的に分析した研究書。
著者略歴
渡邉 宏美(ワタナベ ヒロミ watanabe hiromi)
タイトルヨミ
カナ:キギョウカイケイニオケルヒョウカサガクノニンシキ
ローマ字:kigyoukaikeiniokeruhyoukasagakunoninshiki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央経済社の既刊から
古川直裕/著・編集 渡邊道生穂/著 柴山吉報/著 木村菜生子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。