近刊検索 デルタ

2021年6月10日発売

永岡書店

「世界一キツい」から筋肉がデカくなる! 山本式3/7法

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
 大人気YouTubeチャンネル「山本義徳 筋トレ大学」で紹介され大反響! 「筋肉博士」の異名をとる山本義徳氏が考案し、そのキツさと効果で話題になった「山本式3/7法」がついに書籍になりました。
 山本式3/7法は15秒のインターバルを挟みながら、トレーニング動作を3回→4回→5回→6回→7回と1回ずつ増やしながら行うトレーニング方法。動作の間の15秒のインターバルを休息ではなく、筋肉を収縮もしくはストレッチさせる姿勢のキープに使うことで効率的に筋肉に刺激を与え、筋肥大を促します。
 紹介するトレーニングは「自重トレ編」12種目、ダンベルやチューブなどの器具を使用する「器具トレ編」20種目の計32種目。種目ごとに効果を最大限に得るための正しい姿勢、意識すべき筋肉の他、「山本式3/7法」の核となる「15秒キープ」の姿勢について解説しています。この本からしか得られない情報が盛り沢山で、「これまでのトレーニングにはもう満足できない」「もっと筋肉を大きくしたい」という人は必見です!
著者略歴
山本 義徳(ヤマモト ヨシノリ yamamoto yoshinori)
1969年3月25日生まれ。ボディビルダー、トレーニング指導者。早稲田大学経済学部卒業後、ボディビルダーとして国内外の大会で活躍、優勝経験も多数。その後、アスレティック・トレーナーとして、メジャーリーガーのダルビッシュ有、松坂大輔、格闘家ではニコラス・ペタス、フランシスコ・フィリオなど、多くのクライアントのトレーニングおよび栄養指導を担当。また、一般社団法人 パーソナルトレーナー協会理事として後進の育成にも力を入れている。著書に『体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング』(永岡書店)ほか多数。2019年4月よりYouTubeチャンネル「山本義徳 筋トレ大学」を開設、登録者数は38万人(2021年5月現在)を超える。
タイトルヨミ
カナ:セカイイチキツイカラキンニクガデカクナル ヤマモトシキスリースラッシュセブンホウ
ローマ字:sekaiichikitsuikarakinnikugadekakunaru yamamotoshikisuriisurasshusebunhou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。