近刊検索 デルタ

2021年4月2日発売

南江堂

日本臨床栄養代謝学会 JSPENテキストブック

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『一般社団法人日本静脈経腸栄養学会静脈経腸栄養テキストブック』の改訂版.本書はNSTの一員として栄養管理に携わるすべての医療者を対象に,解剖から生理,生化,経腸栄養,静脈栄養,さらには各病態における栄養管理まで臨床栄養学の知識と実際を,最新の機器や製剤も含めて詳しく解説.NST専門療法士の認定試験や認定医試験のテキストとしてだけでなく,臨床栄養に関わる者すべてが広く活用できる成書である.
目次
【内容目次】
第1章 解剖と生理・生化
 I.解剖
  A.上部消化管
  B.肝臓
  C.胆道,膵臓
  D.下部消化管
 II.消化と吸収
 III.生化学
  A.タンパク代謝(同化と異化を含めて)
  B.糖質代謝
  C.脂質代謝
  D.微量栄養素
  E.食物繊維
 IV.水と電解質
 V.酸・塩基平衡
第2章 栄養療法の基礎
 I.栄養不良の病態生理
 II.栄養評価
  A.栄養スクリーニング
  B.身体計測
  C.生化学的指標
  D.免疫能評価
  E.窒素代謝および窒素平衡
  F.間接熱量測定
  G.インピーダンス法と二重エネルギー
 III.日本人の食事摂取基準2020年度版
第3章 経腸栄養法と静脈栄養法
 I.栄養療法の選択基準
 II.栄養素投与量の決定法
 III.経腸栄養法
  A.投与方法
  B.経腸栄養剤の種類と選択
  C.経腸栄養法の管理
  D.経腸栄養法における薬剤投与
  E.経腸栄養の合併症とその対策
  F.胃瘻・空腸瘻の造設と管理
 IV.静脈栄養法
  A.投与経路(PICCを含めて)
  B.静脈栄養剤の種類と組成,特徴
  C.静脈栄養法の管理
  D.静脈栄養法における薬剤・栄養素
  E.中心静脈カテーテル挿入時の機械的合併症と対策
  F.カテーテル関連血流感染(CRBSI)の診断と治療
  G.静脈栄養法の合併症と対策-静脈栄養法におけるリスクマネジメント
  H.末梢静脈栄養の方法と実際
第4章 飢餓と侵襲に対する代謝反応
 I.飢餓の病態生理
 II.侵襲時の代謝変動
 III.悪液質の病態生理
第5章 病態下の静脈・経腸栄養法
 I.成人
  A.心疾患に対する栄養療法
  B.肝疾患に対する栄養療法(肝硬変も含む)
  C.急性膵炎,慢性膵炎に対する栄養療法
  D.炎症性腸疾患に対する栄養療法
  E.消化管瘻患者に対する栄養療法
  F.腎不全に対する栄養療法
  G.外科周術期の栄養療法
  H.がん化学療法時における栄養療法
  I.がん緩和ケアにおける栄養療法
  J.重症病態(外傷,熱傷,重症感染症)における栄養療法 小谷 穣治
  K.神経性やせ症に対する栄養療法
  L.脳血管障害に対する栄養療法
  M.神経変性疾患に対する栄養療法
  N.認知症患者に対する栄養療法
  O.肥満症患者に対する栄養療法
  P.糖尿病患者に対する栄養療法
  Q.COPDに対する栄養療法
  R.摂食嚥下障害に対する栄養療法
  S.褥瘡に対する栄養療法
  T.移植患者に対する栄養療法
  U.妊婦に対する栄養療法
  V.高齢者に対する栄養療法
 II.小児
  A.栄養療法における小児の特殊性と栄養必要量
  B.新生児の栄養療法
  C.消化管異常に対する栄養療法
  D.腎機能障害に対する栄養療法
  E.悪性腫瘍,造血幹細胞移植に対する栄養療法
  F.救急疾患に対する栄養療法
第6章 在宅栄養療法
 I.在宅経腸栄養法
 II.在宅静脈栄養法
索引
著者略歴
一般社団法人日本臨床栄養代謝学会(イッパンシャダンホウジンニホンリンショウエイヨウタイシャガッカイ ippanshadanhoujinnihonrinshoueiyoutaishagakkai)
タイトルヨミ
カナ:ニホンリンショウエイヨウタイシャガッカイジャスペンテキストブック
ローマ字:nihonrinshoueiyoutaishagakkaijasupentekisutobukku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

南江堂の既刊から
日本整形外科学会/監修 日本骨折治療学会/監修 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会/編集 ほか
一般社団法人日本臨床栄養代謝学会/編集
辻一郎/編集 小山洋/編集
伊東明彦/編集 中村智徳/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
講談社:武井宏之 ジェット草村 鵺澤京 
双葉社:朝倉宏景 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。