近刊検索 デルタ

2020年12月22日発売

南山堂

終末期の肺炎

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
【とことんこだわる 必死に悩む だから差が出る】
終末期の肺炎.この言葉を聞いたとき、あなたはネガティブな感情をもたなかっただろうか?
繰り返す誤嚥,認知症での意思決定,抗菌薬の使い方,胃ろうの是非と栄養管理,リハビリの設定...と終末期の肺炎は悩ましいことだらけなのである.
本書ではそれらの問題をどこまでも深め,正しく悩むための判断材料やフレームワークを紹介している.
目次
Ⅰ章 高齢者肺炎の治療を徹底的に勉強しよう
 まずは治療の引き出しを増やそう
  これまでの誤嚥性肺炎診療の歴史
  誤嚥性肺炎の重要性を経済的観点から考察する
  肺炎診断の難しさ
  肺炎治療の難しさ
  誤嚥性肺炎のABCDEアプローチについて
 内科的治療を超えた肺炎治療を深める
  口腔ケアのエビデンス,食事中の体位,嚥下機能改善に向けた薬物選択
  完全側臥位法のメリット・デメリット,どこまでやるか
  オーラルフレイル,サルコペニア,リハ栄養
  データに基づく歯科的介入
  総合診療医だけでできる嚥下機能評価

Ⅱ章 それでも治せない高齢者肺炎
  終末期診断の難しさ
  胃ろうや中心静脈栄養のエビデンス
  倫理的問題,ACPについて
  嚥下障害をどこまで積極的にリハビリするか
  治療の差し控え・中止と自己決定
  同意能力を欠く患者の医療同意
  認知症の患者に理性はあるか
  最期の肺炎を迎えたときに何をすべきか

Ⅲ章 総合診療医の個性を肺炎診療に活かそう
  訪問診療のコツ
  デバイスを上手に使おう
  嚥下エコーの簡単な導入方法からマニアックな実践例について
  誤嚥性肺炎におけるゴールの話し合い
  家族志向性アプローチの活用
  交渉術
  誤嚥性肺炎の終末期に対する行政・福祉の支援

おわりに
  終末期肺炎診療は総合診療医の専門性が発揮される
著者略歴
大浦 誠(オオウラマコト oouramakoto)
タイトルヨミ
カナ:シュウマツキノハイエン
ローマ字:shuumatsukinohaien

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

南山堂の既刊から
龍原徹/監修 澤田康文/著 佐藤宏樹/著
浦久保富士雄/著 賀川哲夫/著
「ポケット英和医学用語・略語辞典」編集委員会/編集
大浦誠/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
技術評論社:高橋正和 荒木粧子 池上美千代 岡田良太郎 唐沢勇輔 北澤麻理子 ほか
平凡社:長岡美代 
双葉社:春野恵 
アリス館:ともながたろ なかのひろみ 
光文社:佐々木功 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。