近刊検索 デルタ

2018年7月27日発売

日本経済新聞出版社

歴史と統計学 人・時代・思想

人・時代・思想
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
【本書の目次】
1 歴史のなかの統計学  2 中国の人口統計の長い歴史――2000年の軌跡  
3 中国の人口統計の長い歴史――現代  4 古代帝国の時代・ローマのセンサス  5 中世・統計の空白
6 ヨーロッパ近代と統計学の誕生  7 統計学以前の統計学(1)政治算術  
8 統計学以前の統計学(2)人口統計学の始まり  9 統計学以前の統計学(3)国情論の盛衰
10 確率論の誕生  11 「確率」の概念と確からしさ  12 測定誤差の処理  13 古典確率論の完成(上)
14 古典確率論の完成(下)  15 古典確率論の数学  16 18世紀の世界と人口  
17 19世紀、資本主義と帝国主義の時代――統計学の成立  18 統計学の成立  19 ケトレーの遺産  
20 ケトレー以後の統計学――ドイツ社会統計学  21 ドイツ社会統計学の盛衰  22 ダーウィンの衝撃  
23 カール・ピアソンと記述統計学  24 19世紀から20世紀へ  25 R.A.フィッシャーの登場  
26 フィッシャーの統計的方法  27 フィッシャーの統計数学  28 ネイマン・ピアソン理論  29 記述統計学
30 激動の20世紀  31 統計的品質管理法の形成  32 確率の概念をめぐって  33 確率論の数学モデル
34 数理科学の発展  35 統計的決定関数理論  36 フィッシャーの統計的推測理論  37 指数論の展開
38 マクロ経済計算の発達  39 第二次世界大戦後の世界――冷戦  40 第2次世界大戦後の統計学の潮流  
41 ベイズ統計学の復活  42 ベイズ統計学の展開  43 統計的モデルの問題  44 モデル選択の方法  
45 情報技術の発達と統計学  46 21世紀の世界  47 数理統計学の再検討  48 「地球算術」のすすめ
目次
序章 歴史のなかの統計学 

Ⅰ 統計の誕生

Ⅱ 統計学の始まり

Ⅲ 古典確率論の時代

Ⅳ 近代と統計学の成立

Ⅴ 進化論と統計学

Ⅵ 激動の20世紀と統計学

Ⅶ 第二次世界大戦後の世界と統計学における多様化

Ⅷ 21世紀の統計と統計学の課題
著者略歴
竹内 啓(タケウチケイ)
日本学士院会員、東京大学名誉教授 1933年生まれ、56年東京大学経済学部卒業、61年同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学、東京大学経済学部助手、63年東京大学助教授、66年経済学博士(東京大学)、75年東京大学教授、94明治学院大学国際学部教授、06年退職

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。