近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
あなたは使い捨てられてはなりませぬ。私のように――
栄華をきわめつつある主の藤原道長から、物語の女房を命じられ、華麗な「源氏物語」を書き継いできたが……宮中に渦巻く陰謀に、物語が切り結ぶとき。

第11回日経小説大賞受賞!(選考委員:辻原登・髙樹のぶ子・伊集院静)

『源氏物語』を書いた紫式部の一代記。「紫式部日記」が実在の作品であるだけに、あえて「新」とタイトルにつけフィクションを紡ぎ上げたところに、作者の周到な企みがうかがえる。
本作には最新の源氏物語研究の成果が活かされている。紫式部の生涯や、『源氏物語』誕生秘話を描いた著作は、専門家によるとそれほど珍しくはない。しかし、本作は、平安時代においては、物語を書く行為そのものが政治性をおびていたことを明らかにするところが新しい。
「日記文学の傑作、しかも『源氏物語』の作者の日記に新たな日記を捏ち上げ、ぶつけるという、これほどの大胆不敵はない。パロディならともかく、真正面からオーソドックスに、とはハードルが高過ぎる。しかし、作者は鮮やかにそのハードルを跳び越え、極上の宮廷物語を物した。『源氏』を構成の中心に据え、それを下支えする本物の「紫式部日記」、それに被せるように架空の「日記」、そしてもう一つの物語『伊勢物語』を、有機的に、歯車のように嚙み合わせ、重層的な展開が可能になった。『源氏物語』そのものが、一層の輝きを放って読者に迫って来るという功徳も齎された」(辻原登氏選評より)
著者略歴
夏山 かほる(ナツヤマ カホル natsuyama kahoru)
作家 1969年佐賀県生まれ。福岡女子大学文学部卒、九州大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。大学非常勤講師などを経て、主婦。第11回日経小説大賞を「新・紫式部日記」で受賞し作家デビュー。
タイトルヨミ
カナ:シンムラサキシキブニッキ
ローマ字:shinmurasakishikibunikki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

日本経済新聞出版社の既刊から
夏山かほる/著
小栗太/著
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉山成 
大蔵財務協会:樫田明 増尾裕之 
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。