近刊検索 デルタ

2021年8月4日発売

日経BP 日本経済新聞出版本部

孫子に経営を読む

日経ビジネス人文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
史上最強の戦略の聖典を、日本を代表する経営学者が大胆に読み解く

●一流の研究者が初めて挑戦
『孫子』は、古来多くの武将が座右の書とし、多くの経済人も経営やリーダーシップについて学んできました。だが、そんな戦略の聖典であるにもかかわらず、一流の経営学者が正面からその本質に挑むことはありませんでした。過去の『孫子』関連書は大部分が中国文化研究者によるもので、軍事関係者、コンサルタントが一部を担う形でした。本書は、日本を代表する経営学者が、真正面から『孫子』に挑み、その真の凄さを明らかにするものです。
 本書は、一言一句を解釈する従来の孫子解説書のスタイルではありません。『孫子』全体のあちこちに、経営について含蓄の深い言葉がちりばめられており、それらの言葉の中から珠玉の三十の言葉を選び、それらを経営のトピックごとに体系化して章として再構成しました。
●物理と心理の名著
 筆者の伊丹氏は『孫子』の深い洞察の源は第一に、孫子の人間理解の深さにあるとしています。君や将の陥りやすい間違いについて、あるいは現場の兵の心理について、温かくも冷徹な視線を孫子は投げかけています。そして深い洞察の第二の源は、国防と戦争についてつねに「物理」と「心理」の両にらみで考えるととらえている、戦争を指揮する人間は、戦争の物理的力学と将兵の人間心理学の両方をきちんと両にらみで考えなければならない、ととらえています。
 こうして「人間理解の深さ」と「物理と心理の両にらみ」という二つの源泉があるがゆえに、経営やリーダーシップについての深い洞察を多くの人が『孫子』から得ることができるのです。経営とは、人間集団を率いること、統御することで、そのためには深い人間理解が欠かせません。さらに事業活動の現場では、事業の経済的力学と現場の人間心理学の両方のかけ算で、すべてのことが動いています。片方だけでは、経営の全体理解はとてもできないのです。筆者は、『孫子』を、さまざまな戦さの実態の観察と自らの経験をベースに、そこから論理を抽出する、という方法で書いたと考えています。現役経営者の生の発言を濾過し、戦略の論理を明らかにしてきた伊丹氏にとって『孫子』は共感を大いに抱く書であると言えます。
目次
文庫版はしがき

序 物理と心理の書、『孫子』

第一章 経営の本質

第二章 将のあるべき姿

第三章 兵の情

第四章 戦略の真髄

第五章 戦略的思考とは

第六章 「勢い」は経営の肝

結 余韻
著者略歴
伊丹 敬之(イタミ ヒロユキ itami hiroyuki)
国際大学学長 1969年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。72年カーネギーメロン大学経営大学院博士課程修了・PhD。その後一橋大学商学部で教鞭をとり、85年教授。この間スタンフォード大学客員准教授、東京理科大学大学院イノベーション研究科教授等を務める。経済産業省等の審議会委員など多数歴任。2005年紫綬褒章を受賞。
タイトルヨミ
カナ:ソンシニケイエイヲヨム
ローマ字:sonshinikeieioyomu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

日経BP 日本経済新聞出版本部の既刊から
鈴木督久/著
もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
白夜書房:紺野貴子 小林美咲 米本英美 
日本実業出版社:中川右介 
講談社:講談社 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。