近刊検索 デルタ

11月10日発売予定

日経BP 日本経済新聞出版本部

おいしいニッポン 投資のプロが読む2040年のビジネス

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
問題山積だからこそ、
日本にはチャンスがいっぱい!

さらば悲観論。
20年後に明るい未来を迎えるための必読書。

ロングセラー『投資家が「お金」より大切にしていること』の著者であり、
「ひふみ投信」で有名なカリスマ投資家が説く、
2040年のメガトレンドと成長ビジネス。

ドローンで農作物の生育状況を把握、
障害者手帳の電子化、
水田に囲まれたホテル、
空き家を使った多拠点生活サービス……
すごいアイデア・技術・実装力が生まれている。

投資戦略と人生戦略を見直すなら今!
チャンスを活かしておいしいニッポンを味わおう。

巻末には、DRONE FUNDで著名な
エンジェル起業家・千葉功太郞氏との対談を掲載。

投資に興味がある人はもちろん、
アフターコロナの働き方・生き方を模索する人、
マーケター、新ビジネスを考える人にもおすすめ。
目次
●第1章:ここがおいしい!①テクノロジーを社会実装できる企業
●第2章:ここがおいしい!②さらに進化するアフターコロナの「暮らし方×働き方」
●第3章:ここがおいしい!③ダイバーシティは成長の必須要件になる
●第4章:ここがおいしい!④独自の魅力が光る「地方」が増える
●終章:「穴を見つけて穴を埋める」。成長企業は絶えず生まれ続ける
●特別対談:千葉功太郎×藤野英人「思考も行動も変えて新たな時代に向けた準備をしよう」
著者略歴
藤野 英人(フジノ ヒデト fujino hideto)
レオス・キャピタルワークス代表取締役会長兼社長/CIO(最高投資責任者) JPXアカデミーフェロー、東京理科大学上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師。一般社団法人投資信託協会理事。 1966年生まれ。早稲田大学卒業後、国内外の運用会社で活躍。特に中小型株及び成長株の運用経験が長く、25年間で延べ6500人以上の社長に取材し抜群の成績をあげる。2003年、現会社を創業。「ひふみ投信」を運用し、ファンドマネジャーとして高パフォーマンスをあげ続けている。2020年には6度目となる「R&Iファンド大賞」最優秀賞を受賞。
タイトルヨミ
カナ:オイシイニッポン トウシノプロガヨムニセンヨンジュウネンノビジネス
ローマ字:oishiinippon toushinopurogayomunisenyonjuunennobijinesu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

日経BP 日本経済新聞出版本部の既刊から
日本経済新聞出版/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。