近刊検索 デルタ

2018年8月22日発売

日本評論社

民法理論の対話と創造

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
著作とそれに対する批評、批評を踏まえた応答を通じて、理論は深化する。気鋭の論者が集い、対話を通じて民法理論の創造を期す!
目次
表示を論ず……山城一真



代理権濫用規制の基礎にあるもの……高 秀成



差止請求権理論の課題と展望……根本尚徳



区分所有の構造に関する議論と展開……伊藤栄寿



「抵当本質論の再考序説」その他について……鳥山泰志



アメリカ担保法と倒産法の交錯……藤澤治奈



個人保証規制のあり方を考える……齋藤由起



将来債権譲渡の法的構造の解明に向けて……白石 大



フランスにおける契約侵害論の構造……荻野奈緒



財貨帰属と代位法理……水津太郎



[座談会]民法学のなやみ――対話と創造を振り返って

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。