近刊検索 デルタ

2021年3月29日発売

日本評論社

基本刑事訴訟法Ⅱ 論点理解編

論点理解編
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
法曹三者と研究者による徹底的にわかりやすいテキスト。4つの「基本事例」と具体的な「設問」、問題の所在と判例・学説の理解から当てはめまで明快に解説。
目次
基本事例
第15講 捜査⑴――総説・強制と任意の区別
第16講 捜査⑵――任意捜査の限界
第17講 捜査⑶――捜査の端緒
第18講 捜査⑷――証拠の収集と令状主義
第19講 捜査⑸――身体の拘束
第20講 接見交通権
第21講 公訴の提起
第22講 審判・防御の対象とその変動(1)――訴因変更の可否
第23講 審判・防御の対象とその変動(2)――訴因変更の要否
第24講 証拠法(1)――関連性
第25講 証拠法(2)――違法収集証拠排除法則
第26講 証拠法(3)――自白法則
第27講 証拠法(4)――伝聞法則
第28講 証拠法(5)――伝聞例外(1)
第29講 証拠法(6)――伝聞例外(2)
第30講 裁 判
著者略歴
吉開多一(ヨシカイ タイチ yoshikai taichi)
国士舘大学法学部教授、弁護士。元検察官
緑 大輔(ミドリ ダイスケ midori daisuke)
一橋大学大学院法学研究科教授
設楽あづさ(シダラ アヅサ shidara azusa)
弁護士
國井恒志(クニイ コウシ kunii koushi)
東京高等裁判所判事
タイトルヨミ
カナ: キホンケイジソショウホウ ニ
ローマ字: kihonkeijisoshouhou ni

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

日本評論社の既刊から
吉開多一/著 緑大輔/著 設楽あづさ/著 國井恒志/著
大河原美以/著 山本実玖/イラスト
我妻榮/著 有泉亨/著 清水誠/著 田山輝明/著
松岡久和/編集 中田邦博/編集
市川正人/編集 小松浩/編集 倉田玲/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
講談社:武井宏之 ジェット草村 鵺澤京 
双葉社:朝倉宏景 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。