近刊検索 デルタ

10月6日発売予定

日本評論社

刑事司法改革の現段階

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
法律時報2018年10月号から2021年1月号までの同名隔月連載に加え、裁判員裁判や捜査、弁護、保釈などを中心に、著者3名が論じた鼎談を収録した一冊。
刑事司法に関わる改革は未だ進行中であり、現時点では中間総括ということになるが、上記の裁判員制度を始めとして、公判前整理手続、通信傍受法の改正など、過去20年の間に大きな変貌を遂げている。本書は、円熟した3名の論客が主要な改革項目を総ざらいし、歴史と法理論、今後の解釈問題、立法課題を探究した、時代に刻む証言の書である。
目次
裁判員制度の現状と課題
裁判員制度がもたらしたもの
被疑者国選弁護制度
身体拘束
取調べの可視化――原点と課題
協議合意制度、刑事免責
通信傍受法改正
捜査の法的規制
起訴基準と訴追裁量
公判前整理手続
証拠開示
公判中心主義
犯罪被害者と刑事手続
再審
簡易な手続
鼎談「刑事司法改革・総論」
著者略歴
川崎英明(カワサキ ヒデアキ kawasaki hideaki)
関西学院大学名誉教授
後藤 昭(ゴトウ アキラ gotou akira)
一橋大学名誉教授、青山学院大学名誉教授
白取祐司(シラトリ ユウジ shiratori yuuji)
神奈川大学教授、北海道大学名誉教授
タイトルヨミ
カナ:ケイジシホウカイカクノゲンダンカイ
ローマ字:keijishihoukaikakunogendankai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

日本評論社の既刊から
渡部潤一/編集 井田茂/編集 佐々木晶/編集
ドミニク・ルソー/原著 山元一/監修・翻訳
今野紀雄/著
小林秀之/著 山本浩美/著
日本組織内弁護士協会/編集
小林佳世子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
白夜書房:紺野貴子 小林美咲 米本英美 
日本実業出版社:中川右介 
講談社:講談社 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。