近刊検索 デルタ

2018年7月26日発売

日本評論社

球面調和函数と群の表現

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
数学・物理学・工学など多くの分野に現れる《球面調和函数》について、表現論の観点から一貫した形でまとめられた本格的入門書。
目次
まえがき
断りなしに用いる記号
第1章 ベクトル空間
第2章 距離空間と位相空間
第3章 ノルム空間と有界線型作用素
第4章 Hilbert空間
第5章 群
第6章 Laplacianと調和多項式
第7章 球面調和函数
第8章 超球多項式の性質
第9章 位相群とその表現(速習)
第10章 球面調和函数と回転群の表現
第11章 Lie代数
第12章 ユニタリ作用素のなす群
第13章 SL(2,R)           
第14章 L^2(R^n)の既約分解     
附章A 測度論・積分論における基本事項
附章B 局所コンパクト空間上の測度
附章C Baire空間
附章D Stone-Weierstrassの定理
附章E Fourier変換
附章F Schwartz空間と緩増加超函数
附章G Hilbert空間のテンソル積
附章H 被覆群
問題の解答・解説
あとがき
参考文献
索引
著者略歴
野村隆昭(ノムラ タカアキ)
九州大学大学院数理学研究院教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。