近刊検索 デルタ

7月6日発売予定

日本評論社

精神保健医療のゆくえ 制度とその周辺

制度とその周辺
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
精神保健福祉法から医療観察法、入院形態と身体拘束、さらには精神科の薬まで歴史的経緯や構造的問題に触れながら、鋭く論じる。
目次
はしがき

1 精神保健福祉法体制のあゆみと展望

2 精神保健福祉法2013年改正の教訓

3 地域処遇の課題は「医療観察法」最大の隘路として残る

4 地域神保健福祉における医療観察法の宿命的異質性

5 医療観察法の解消と精神保健医療体制の再構築はワンセットである

6 精神科救急・急性期治療における非自発的医療介入と権利擁護 ―法制度を中心に考察する―

7 「自由」と「安全」-精神医療における身体拘束のジレンマ-

8 精神障害のアセスメント手順に潜む隘路と陥穽

9 精神医療・保健・福祉にとって「共同体」は死語か?

10 精神保健・医療・福祉の転換期における「精従懇」の使命

11 障害者権利条約の光に照らす時代

12 国家意思とメンタルヘルス

13 精神医学理論の危機という問題設定

14 クスリがこころに作用するという意味は本当にわかっているのか? -向精神薬と心身問題-

15 現代人の万能薬 ―向精神薬のたくらみ―


終わりに 精神病理学はゆく、たとえ「知の危機」の時代が来ようとも

資料:精神保健福祉法改正案に対する衆議院厚生労働委員会「附帯決議」

精神保健福祉法改正案に対する国会附帯決議案(岡崎試案)
著者略歴
岡崎伸郎(オカザキ ノブオ okazaki nobuo)
独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター 総合精神神経科部長
タイトルヨミ
カナ:セイシンホケンイリョウノユクエ
ローマ字:seishinhokeniryounoyukue

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

日本評論社の既刊から
吉開多一/著 緑大輔/著 設楽あづさ/著 國井恒志/著
寺谷広司/編集 伊藤一頼/編集
松浦司/著
新井朝雄/著

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。