近刊検索 デルタ

2022年4月21日発売

日本法令

出版社名ヨミ:ニホンホウレイ

私、夫が嫌いです ~モラ夫バスターが教える“なぜかツライ”関係から抜け出す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
モラハラの実態を知り、支配から脱出しよう!
Twitterで話題の弁護士による、幸せになるための指南書!

家庭でのモラハラ(モラルハラスメント)問題に長年取り組み、“モラ夫バスター"として話題の弁護士・大貫憲介氏が、モラハラの知識(モラ夫の実態、モラハラを育む文化的背景)と、モラハラ被害への対応策(婚前モラ夫チェックリスト、離婚の進め方)を解説!
モラ夫の実態に迫る4コマ漫画も多数収録。モラハラ被害に悩む方が、現状を打破するために活用できる1冊。
目次
第1章 あなたは、夫が好きですか、嫌いですか?
「俺の飯は?」
そんなに言うなら、やらない!
モラスイッチ
モラ夫とは?
結婚とは何か?
ガチャ音が怖い!

第2章 なぜ男は結婚すると変わるのか?
突然いばりだす男たち
基礎人格の形成とモラ文化の取り込み
歪みの累積とモラ脳
健全男子への擬態
歪んだ「男らしさ」、支配消費の対象としての「女性」
モラスイッチは、いつ入るか
脳内麻薬によるモラハラ依存
[コラム] 脳内麻薬
洗脳とモラハラ強化の悪循環
家庭の崩壊
家庭崩壊後のモラ夫と被害妻
モラ夫は治らない
離婚へのきっかけ

第3章 なぜ女は被害妻となるのか?
主人の許し
[コラム] 夫婦同姓についての最高裁判決
基礎的人格の形成、女・妻としての振る舞い
刷り込まれた「幸福」
愛は困難を超える?
被害妻の特徴
「弁が立つ」「ソトヅラがよい」はモラトークのせい
洗脳が抵抗力を奪う
モラ結婚と成田離婚、熟年離婚

第4章 モラハラが夫婦、子どもに及ぼすもの
妻の思考を縛る脳内モラ夫
妻を襲う心身症、「夫源病」
モラ被害のパラドックス
[コラム] ハネムーン期
モラ夫は残虐か?
[コラム]ミルグラム実験
モラ結婚による不可逆的な変化
別居後もモラ被害を受け続ける
モラ文化の継承・ミニモラの誕生
面前モラで脳を損傷し、萎縮する子どもたち
結婚しない若者たち・少子高齢化の真の原因
モラハラは、モラ夫自身も不幸にする

第5章 モラ夫を育むモラ文化
モラハラの原因は人格障がい?
貝原益軒の教え、「教女子法」
[コラム]江戸時代の子育て
日本の近代化とモラ文化
法規範となったモラ文化
憲法が目指した「両性の本質的平等」とモラ文化

第6章 我慢か、離婚か
不幸を放置しない
モラ被害のパラドックス
「怒らせる私が(も)悪い」?
子にモラ夫が必要か?
両親、親族の反対
夫を怒らせたくない
この結婚を失敗に終わらせたくない
結婚継続か、離婚か
昔の優しい彼に戻るか?
モラ夫更生は、まず不可能
モラ夫更生への道①【導入】
モラ夫更生への道②
【プログラムの策定&実行】
仮面婚の継続
結婚制度の失敗
「結婚」はどうあるべきか

第7章 離婚の進め方
離婚するために
目標を立てる
離婚に向けての準備
経済的独立
離婚理由の補強
不貞の有無の確認
「キラー書面」の作成、交付
各種離婚条件の整理
別居の実行
離婚協議、離婚調停
面会交流と子どもの福祉
離婚裁判

第8章 婚前モラチェック
モラ夫予備軍の特徴から擬態を見破る
自動思考のチェック
モラ夫の性行動
「男であること」への拘りと歪み
女性を支配/消費の対象とする
性別役割分担の当然視
過去の交際歴、結婚歴
モラ度を予想する
モラチェックに該当したら?
幸せになる!
著者略歴
大貫 憲介(オオヌキ ケンスケ oonuki kensuke)
1992年独立し、さつき法律事務所を開設 外国人を当事者とする案件、離婚案件などを含む一般民事事件を中心に弁護士業務を行う。 2015年頃から、Twitterでモラ夫の生態についてツイート(@SatsukiLaw)している。 2018年9月より、4コマ漫画「モラ夫バスター」を週1本ペースで掲載中。
榎本 まみ(エノモト マミ enomoto mami)
タイトルヨミ
カナ:ワタシオットガキライデスモラオバスターガオシエルナゼカツライカンケイカラヌケダスホウホウ
ローマ字:watashiottogakiraidesumoraobasutaagaoshierunazekatsuraikankeikaranukedasuhouhou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
止められるか俺たちを 暴走族写真集
日本には暴走族がいる

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
みらいパブリッシング:佐々木文彦 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。