近刊検索 デルタ

2021年9月21日発売

白水社

寝るまえ5分のパスカル「パンセ」入門

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
彼の言葉は、なぜこれほどまでに刺さるのか?

「心には心の言い分があるが、理性はそれらをまったく知らない」
「この無限の諸空間の永遠の沈黙が私を恐怖させる」
「人間は天使でも獣でもない。そして不幸にも、天使のふるまいをしようとすれば、獣のふるまいをすることになるのだ」

 優れた数学者、物理学者、また哲学者にして神学者でもあったブレーズ・パスカル(1623-1662)。彼は人間と信仰について思索を重ね、未完の断章を大量に残してわずか39歳でこの世を去った。のちに『パンセ』というタイトルでまとめられた主著は、「考える葦」「賭け」「クレオパトラの鼻」など、忘れがたい名句やイメージに溢れ、世界中で読み継がれて今日に至る。
 本書は、そんなフランス屈指の名文家パスカルの選りすぐりの断章(パンセ)を、フランス文学界最高の案内人が豊富かつ巧みに紹介しながら、その思想の真髄に迫る刺激的なエッセイ。好評を博した毎日5分の人気ラジオ番組が元となっている。本格派でありながら広く開かれたテクストが、最良の研究者・翻訳者を得て、いま日本の読者に届けられる。
著者略歴
アントワーヌ・コンパニョン(アントワーヌ コンパニョン antowaanu konpanyon)
Antoine Compagnon(1950 - ) ベルギー生まれのフランス文学者。ソルボンヌ大学教授を経て、コレージュ・ド・フランスおよびコロンビア大学教授。プルーストやモンテーニュの専門家として、また文学理論と仏文学史に関する刺激的な著作によって国際的に広く知られる。著書に『近代芸術の五つのパラドックス』『文学をめぐる理論と常識』など。モンテーニュの作品と思想を紹介した毎日5分のラジオの番組と、その書籍化が大きな評判となり、シリーズ化。このシリーズで他にプルースト(複数の著者との共著)、ボードレール、そして本書のパスカルを手がける。
広田 昌義(ヒロタ マサヨシ hirota masayoshi)
京都大学名誉教授 訳書:『メナール版 パスカル全集』第一・二巻(白水社、共編)、E・モロ=シール『パスカルの形而上学』(人文書院)、クレマン・モワザン『文学史再考』(白水文庫クセジュ)、『モリエール全集』(臨川書店、共編)など。
北原 ルミ(キタハラ ルミ kitahara rumi)
金城学院大学准教授 訳書:アリエット・アルメル『ビルキス、あるいはシバの女王への旅』(白水社)、コレット・ボーヌ『幻想のジャンヌ・ダルク 中世の想像力と社会』(昭和堂、共訳)など。
タイトルヨミ
カナ:ネルマエゴフンノパスカルパンセニュウモン
ローマ字:nerumaegofunnopasukarupansenyuumon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

白水社の既刊から
大西光弘/著
岡本信照/著
ナディア・エル・ブガ/著 ヴィクトリア・ゲラン/著 中村富美子/翻訳
クリストファー・デ・ハメル/著 加藤磨珠枝/監修 立石光子/翻訳
北原 ルミ 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
日本実業出版社:中川右介 
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
講談社:講談社 
早川書房:R・A・ラファティ 牧眞司 伊藤典夫 浅倉久志 
早川書房:アイヴィ・ポコーダ 高山真由美 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。