近刊検索 デルタ

2018年8月28日発売

白水社

ガンディーとチャーチル(下)

1929-1965
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
夢の跡に残された現代

 ヴィクトリア朝末期に大英帝国の中心と辺境でそれぞれ生を受けたガンディーとチャーチル。一方は非暴力不服従運動の「マハートマ」(偉大な魂)として祈る姿、他方は第二次世界大戦でヒトラーを打ち破った「Vサイン」で印象深い。
 生まれも育ちも異なる二人は、運命に引き寄せられるように、その人生で何度もすれ違い、また一度だけ直接出会ったこともあった。
 シパーヒーの叛乱から世界恐慌までを扱った上巻に続き、下巻では塩の行進から第二次世界大戦、そして戦後の二人の死までが描かれる。
 とりわけ躍動するのは、インド独立を目指した志士たちの姿である。不可触民の権利を守ろうと、ガンディーと戦ったアンベードカル。ファシズムの力を利用しようとして散ったスバース・チャンドラ・ボース。ソ連型社会主義に活路を見出そうとしたネルー。イスラーム国家を目指したジンナー。独立はいつしか叶わぬ夢となった。
 他方、ヒトラーの欧州掌握を助けた宥和政策の起源が、大英帝国のインド統治にあったという史観は鮮やかだ。そして、インド独立を終始否定し、ヒトラーと対峙したのがチャーチルだった。ピュリツァー賞最終候補作。
著者略歴
アーサー・ハーマン(ハーマン)
1956年生まれ。米ミネソタ大学卒業後、ジョンズ・ホプキンズ大学で修士号と博士号を取得。『近代を創ったスコットランド人』(守田道夫訳、昭和堂)は全世界で35万部発行され、本書『ガンディーとチャーチル』はピュリツァー賞最終候補になるなど、アメリカを代表する歴史家。このほか、Douglas MacArthur: American Warriorがある。
田中 洋二郎(タナカ ヨウジロウ)
印ネルー大学大学院修了、国際交流基金勤務。
守田 道夫(モリタ ミチオ)
東京大学経済学部卒業、丸紅勤務を経て翻訳家。
平川 祐弘(ヒラカワ スケヒロ)
東京大学名誉教授。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。