近刊検索 デルタ

2019年2月28日発売

PHP研究所

あの日、ぼくは龍を見た

カラフルノベル
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
斉藤真琴は小学6年生。ある日、死んだはずの祖父・熊岡獅子之介から真琴の家に1枚のハガキが届く。そこには、今年の夏で旅館をやめる、とだけ書いてあった。不思議に思った真琴は、夏休みに一人で、九州の秘境にある祖父の旅館を訪ねることに。羽田から福岡への空の旅を経て、列車を幾度も乗り継いだあと、ハプニングが起きた。なぜか、祖父の旅館があるねじまき温泉行きの路線がなくなっていたのだ。
途方に暮れていた真琴は、いつしか祖父が若い頃の時代、今から38年前のねじまき温泉郷に迷いこんでしまう。
この温泉郷は、神秘の祭りである「臥龍の大祭」をやめてから人気が低迷していた。「この祭りの復活こそがこの町を救う!」-----子ども時代の父・虎之介とまちがわれているぼく・真琴は、同級生のツグミと共に大人たちを説得し、「臥龍の大祭」の復活に挑む。温泉郷の未来をかけた、子どもたちの町興し物語。
著者略歴
ながす みつき(ナガス ミツキ)
児童文学作家

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

PHP研究所の既刊から
宮部みゆき/著 近藤史恵/著 加納朋子/著 大崎梢/著 矢崎在美/著 細谷正充/編集
宮部みゆき/著 辻村深月/著 小池真理子/著 沼田まほかる/著 乃南アサ/著 新津きよみ/著 ほか
本日のピックアップ
マイナビ出版:ポケットマニュアル編集部 
コロナ社:柴山知也 髙木泰士 鈴木崇之 三上貴仁 髙畠知行 中村亮太 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。