近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
著者の執筆の基本は、「事実に触れた人物に会い、話を聞く」ことが第一である。この姿勢で、4000人以上の昭和史関係者を取材してきた。膨大な作品の中に取り入れたのは、残念ながらその一部に過ぎず、重要な証言や史料が、著者の手元にあふれている。著者はその一端を、自身が主宰する「昭和史を語り継ぐ会」の機関誌「昭和史講座」に掲載してきた。本書は、そこで掲載されたものの中から、昭和史ファン垂涎の7編を選りすぐり、一冊にまとめたものである。内容は、①「機密戦争日誌」はいかに保存されたか ②「昭和天皇独白録」の正体 ③学徒出陣壮行会で宣誓した学生代表の戦場(江橋慎四郎取材) ④逆さまに押した判子と上司・東条英機(赤松貞雄取材) ⑤「日本はすごい」と思っていなかった石原莞爾(高木清寿取材) ⑥本当のところが知られていない東条英機暗殺計画(牛嶋辰熊取材) ⑦陸軍省軍務局で見た開戦経緯(石井秋穂取材)の7編。
著者略歴
保阪 正康(ホサカ マサヤス hosaka masayasu)
歴史家、評論家
タイトルヨミ
カナ:ショウワシナナツノウラガワ
ローマ字:shouwashinanatsunouragawa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

PHP研究所の既刊から
養老孟司/著 伊集院光/著
ヨシタケシンスケ/著・イラスト
本日のピックアップ
技術評論社:リンクアップ監修:デジタルアーツ株式会社 
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
草思社:堀秀道 門馬綱一 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。