近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「なぜ、朝敵と言われなければならないのか。我らに何の罪があるというのか」

幕末、火中の栗を拾うようなものと言われながらも、京都守護職を拝命した会津藩主・松平容保の弟である桑名藩主の松平定敬は、京都所司代として、兄と共に徳川家のために尽くそうとする。
しかし、十五代将軍・徳川慶喜は大政奉還後、戊辰戦争が起こると容保、定敬を連れて江戸へ戻り、ひたすら新政府に恭順。慶喜に裏切られる形となった定敬らは、恭順を認めてもらうには邪魔な存在として遠ざけられてしまう。
一方、上方に近い桑名藩は藩主不在の中、新政府に恭順することを決める。藩主の座を追われた定敬は、わずかな家臣と共に江戸を離れることに……。
朝敵とされ、帰るところも失い、越後、箱館、そして上海にまで流浪した男は、何を感じ、何を想っていたのか――。

新田次郎文学賞&本屋が選ぶ時代小説大賞受賞作家が、哀しみを心に宿しつつ、転戦していく松平定敬の姿を感動的に描く歴史小説。
著者略歴
奥山 景布子(オクヤマ キョウコ okuyama kyouko)
作家
タイトルヨミ
カナ:ルテンノチュウジョウ
ローマ字:rutennochuujou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

PHP研究所の既刊から
noprops/原著 黒田研二/著 鈴羅木かりん/イラスト
マルクス・ガブリエル/著 大野和基/著・編集 髙田亜樹/翻訳
小倉紀蔵/著
宮部みゆき/著 西條奈加/著 諸田玲子/著 澤田瞳子/著 梶よう子/著 中島要/著 ほか
北尾吉孝+「ALAが創る未来」を考える会(仮)/著
もうすぐ発売(1週間以内)
医薬経済社:吉成河法吏 安江博 
学研プラス:戸津井康之 
学研プラス:なんばきび 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。