近刊検索 デルタ

4月19日発売予定

PHP研究所

京大 おどろきのウイルス学講義

PHP新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
新型コロナウイルスの「次」に来る、動物由来のウイルスは何? 本書では批判を恐れない提言で注目されるウイルス学者が、ペットのイヌやネコが媒介するウイルス、計50頭のニホンザルが血を流してばたばた死んだ原因となったサルレトロウイルス4型など、変異すれば人間社会を脅かす可能性があるウイルスを紹介します。
しかし実は、病原性のウイルスは全体のごく一部。病気を起こすどころか、1億年以上前に哺乳類の進化を促したウイルスもあります。すなわち、宿主のDNAを書き換える力を持ち、哺乳類の胎盤の形成に関与したといわれているレトロウイルスです。本書ではレトロウイルスの驚くべき力についても解説します。
さらに、「そもそもウイルスとは何か?」、「新型コロナウイルスのワクチン」などのテーマも解説。「多次元」のウイルス学を提唱している著者が京都大学で行なっている、1回生(全学部)向けや医学部2回生向けの授業などの内容を収録した、著者初の単著です。高校生でも十分理解できるよう、わかりやすい解説を目指しました。
著者略歴
宮沢 孝幸(ミヤザワ タカユキ miyazawa takayuki)
京都大学ウイルス再生医科学研究所准教授
タイトルヨミ
カナ:キョウダイ オドロキノウイルスガクコウギ
ローマ字:kyoudai odorokinouirusugakukougi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

PHP研究所の既刊から
マルクス・ガブリエル/著 大野和基/著・編集 髙田亜樹/翻訳
水野達朗/著 山下真理子/著・イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
ポプラ社:増山実 
角川春樹事務所:堂場瞬一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。