近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日韓請求権協定に関わる報道に接して、韓国人の法意識に疑問を持つ人は少なくない。
著者は韓国は法よりも道徳にこだわる国だと説く。朱子学の影響で、韓国では道徳は敵を叩き潰すための武器になっている。また、韓国の前近代が王朝であり、日本の前近代が封建社会であったことの違いも大きいといえる。
道徳にこだわる社会であるために、民主主義という概念に対する捉え方も、日本と韓国では異なる。韓国における民主主義は、「道徳的社会を実現する」ためのシステムと見なされている。ただし「法を軽視する韓国の民主主義はレベルが低い」と考えるのは危険である。韓国の法曹的能力は高く、「法」に関する世界の最先端のトレンドに敏感である。その一方で、著者は韓国を国家と思わず、一つの「運動団体」と捉えたほうがよいと説く。
韓国の実像は、日本ではまだまだ知られていない。韓国を知悉する東アジア思想研究者が、この国を理解するための視座を提供する一冊である。
著者略歴
小倉 紀蔵(オグラ キゾウ ogura kizou)
京都大学教授
タイトルヨミ
カナ:カンコクノコウドウゲンリ
ローマ字:kankokunokoudougenri

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

PHP研究所の既刊から
冲方丁/著
宮部みゆき/著 西條奈加/著 廣嶋玲子/著 泉ゆたか/著 宮本紀子/著 細谷正充/編集
平山優/著
カワダクニコ/著・イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
プレジデント社:
集英社:深緑野分 
鳥影社:山上一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。