近刊検索 デルタ

2021年8月11日発売

双葉社

W☆ING流れ星伝説 星屑たちのプロレス純情青春録

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
〈ある日の昼下がりのことだった。
 朝まで原稿を書いていて、自宅のベッドで寝ていた僕は、ふいに鳴りだしたスマホの着信音に叩き起こされた。
 仕事仲間はこちらの生活リズムを知っているから、あまりこんな時間には電話を鳴らさない。いったい誰だろう?
ディスプレイに映し出された名前を見た瞬間、僕の心臓は誰かに掴まれたようにギュッと縮んだ。
“これ、夢じゃないよな? いま、俺、たしかに起きているよな?”
 震える手で通話ボタンをタップする。
「もしもし……」
「小島さん、ご無沙汰してます。25年ぶりぐらいですかね?」
 電話口から聞こえてくるその声は、あのころとまったく変わっていなかった。懐かしさで胸がいっぱいになり、気がついたら、もう涙がポロポロあふれて、止まらなくなっていた――。(プロローグ~それは「幻の男」を探す旅からはじまった~より)〉
目次
序章 ~それは「幻の男」を探す旅からはじまった~
第1章 W☆ING誕生と3人の男
第2章 世界格闘技連合・W☆ING
第3章 バルコニーからの新星
第4章 炎と五寸釘の小惑星
第5章 窮地を救う彗星
第6章 六等星の流れ星
エピローグ ~30年目の10カウントゴングに代えて~

[特別収録1]W☆INGプロモーション旗揚げ30周年記念単独興行「血と汗と涙のWE LOVE W☆ING」座談会 ”元代表”茨城清志×”爆弾男”金村ゆきひろ×”元リングアナ”大宝拓治×”元レフェリー”畑山和寛
[特別収録2]W☆ING全戦績〈完全保存版〉
著者略歴
小島和宏(コジマカズヒロ kojimakazuhiro)
小島 和宏(こじま・かずひろ) 1968年、茨城県出身。1989年、大学在学中に『週刊プロレス』(ベースボールマガジン社)の記者としてデビュー。大仁田厚のFMW、ザ・グレート・サスケのみちのくプロレス、そして対抗戦全盛期の全日本女子プロレスなどを担当し、活字プロレス黄金時代を駆け抜ける。特にW☆INGは旗揚げ前から同僚の鈴木健記者とともに担当し、多くの巡業に同行して取材。団体の隆盛から崩壊までを誌面でリポートし続けた。フリー転向後、活躍のフィールドを広げ、お笑い、特撮、サブカルチャーなど幅広く取材・執筆を重ねる。現在、ももいろクローバーZの公式記者としても活躍。著書は『ぼくの週プロ青春期 90年代プロレス全盛期と、その真実』(朝日文庫)、『ももクロ×プロレス』(ワニブックス)、『憧夢超女対戦 25年目の真実』(彩図社)など多数。
タイトルヨミ
カナ:ウイングナガレボシデンセツ ホシクズタチノプロレスジュンジョウセイシュンロク
ローマ字:uingunagareboshidensetsu hoshikuzutachinopuroresujunjouseishunroku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
集英社:深緑野分 
鳥影社:山上一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。