近刊検索 デルタ

2020年6月19日発売

フレーベル館

おおきなうみと ちいさなマーヴィー

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『何にでもなれる!どこにでも行ける!』

独り立ちするお兄さんの姿を見て、くじらのマーヴィーは、自分は何になろうかと夢想します。
音楽の聞こえる海で歌手。賑やかな海でアイドル。混雑する海でおまわりさん…。
いろんな海を渡り歩くのもいいかも…。まだ見たことがない、様々な景色を見て回ったり…。

「おおきなうみ」は、永遠に広がる人生を、「ちいさなマーヴィー」は、そこにこれから踏み出していく子どもたちをあらわしています。
マーヴィーがこれからの自分像や広い海を想像するように、「挑戦すれば何にでもなることができるし、大きな世界が待っている」という
子どもたちの持つ無限の可能性をテーマとした絵本です。
マーヴィーが色々な未来像を思い描きながらも、まだ独り立ちできない姿は、読者である子どもたち自身に重なります。
また、子どもたちの可能性を示唆することで、我が子のこれからの成長が楽しみな親の共感まちがいなし!

著者のH@L(ハル)氏は、1976年 大阪生まれ。ディズニー版画フェア ディズニーのイラスト書き下ろし、日テレ『おしゃれイズム』のスタジオアートなどを担当。2008 第24回ニッサン 童話と絵本のグランプリ 絵本部門 大賞を受賞し、『モイモイのポッケ』(BL出版)で絵本デビュー。百貨店やギャラリー、カフェでライブペインティングを行うなど多岐にわたり活動中。前作『とらきちのいいところ』(フレーベル館)は、中国、韓国、台湾とアジア圏で人気を博し、中国の版元・東方出版社の2020年の出版目録の表紙を飾っています!

大きな海に漕ぎ出す小さな帆船のように、子どもの無限の可能性を描く物語を、親子一緒に楽しんでもらいたいと思います!
著者略歴
H@L(ハル haru)
大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業。 第24回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本部門大賞を受賞の後、 2008年『モイモイのポッケ』(BL出版)で絵本作家としてデビュー。 豊かな色彩と創造力溢れる表現力で言葉の壁を超えた絵本作りを目指している。 おもな絵本に『とらきちの いいところ』(フレーベル館)、『ニャンタクロース』(ニコモ)がある。
タイトルヨミ
カナ:オオキナウミトチイサナマーヴィー
ローマ字:ookinaumitochiisanamaavii

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

フレーベル館の既刊から
やなせたかし/原著 トムス・エンタテインメント/イラスト
やなせたかし/原著 トムス・エンタテインメント/イラスト
あさおよう/著
汐見稔幸/著 無藤隆/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:椎谷晃 
草思社:山口真一 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。