近刊検索 デルタ

2021年10月20日発売

文研出版

チョコレートタッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ジョンは、お菓子が大好きな男の子。ごはんやおかずは残して、お菓子ばかりたべています。なかでも、チョコレートには目がありません。
ある日、ひろったコインで買ったチョコレートを食べたところ、不思議なことがおこりはじめました。
朝起きて、歯磨きをしたジョン。口に入れた歯磨き粉が、チョコレートになっていました。朝ごはんのジュースやベーコンエッグもすべてチョコレートの味になってしまいました。ジョンは大喜び。
学校についたジョンは、飲み水、給食のおかず、あげくのはてに口にくわえたトランペットまで、すべてチョコレートになってしまいました。
チョコレートにあきたジョンは、水が飲みたくてもチョコレートになってしまうので、どうしたらよいかわかりません。
パパとママは心配して、病院に連れて行きました。病名は「クレイニアム病」。つまりチョコレート病です。
途方に暮れたママは泣き出し、ジョンはママのほっぺたにキスをしました。するとママは全身がチョコレートに・・・・・・。
どうすれば、ママを元通りに戻せるのか
ジョンは必死に、チョコレートを買ってお店を探しました。
著者略歴
パトリック・スキーン・キャトリング(パトリックスキーンキャトリング patorikkusukiinkyatoringu)
作者。1925 年にイギリスのロンドンで生まれる。その後アメリカ合衆国へ移住。ジャーナリストとして新聞や雑誌の仕事をしながら、1952 年に米国で出版された本書で作家デビューをはたす。大人むけの小説から児童書まで、多数の本を執筆。本書で1983 年ユタビーハイブブック賞、1989 年マサチューセッツ子どもの本賞を受賞した。
佐藤淑子(サトウヨシコ satouyoshiko)
訳者。群馬県で生まれ育つ。訳書に『世界の名画を読み解く』(あかね書房)、『ハローパピー! こいぬとあそぼう』(フレーベル館)、『たのしいまきばのイースター』(徳間書店)、『あるひとつぜんおねえちゃん』(ワールドライブラリー)などがある。やまねこ翻訳クラブ会員。
伊津野果地(イヅノカジ izunokaji)
1971 年に愛知県で生まれる。現在は長野県安曇野市に在住。絵を手がけた作品に「ねこの風つくり工場」シリーズ(偕成社)、『アヤカシ薬局閉店セール』(偕成社)、『兵士のハーモニカ』(岩波書店)、『ハリ系』(ポプラ社)などがある。
タイトルヨミ
カナ:チョコレートタッチ
ローマ字:chokoreetotacchi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

文研出版の既刊から
二宮由紀子/著 あおきひろえ/イラスト
堀直子/著 木村いこ/イラスト
理化学研究所脳神経科学研究センター/監修
池田光穂/監修 おおつかのりこ/著
たかだしんいち/著
中野明正/監修 小泉光久/著
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:稲葉章 
第三書館:高島利行 
講談社:三止十夜 藤実なんな 
KADOKAWA:青田かずみ 椎名咲月 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。