近刊検索 デルタ

2019年2月22日発売

平凡社

生きづらいでしたか?

私の苦労と付き合う当事者研究入門
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
苦労のメカニズムや意味を仲間と共に考える「当事者研究」を通し、「ネガティブ思考クィーン」の細川貂々が生きづらさと向き合うコツを探るコミックエッセイ。「べてるの家」向谷地生良さんも登場。

■目次

なんだか生きづらいなあと思ってここまで来ました 

第1章 てんてんさんのネガティブ、大事にしてくださいね ――てんてん、当事者研究に出会う
何もできない子 
大人になってネガティブうず巻きへ 
ネガティブな自分を認められない
はじめての当事者研究  

第2章 当事者研究って何ですか? ――てんてん、「べてるの家」へ行く
一緒に行きましょう 
当事者研究のはじまり
自分を助けるプログラム べてるの当事者研究 
向谷地生良さんに聞いてみた 当事者研究って何ですか? 
苦労をみんなで語り合う 
人とふれあう時間 
当事者研究の理念 
「弱さ」の情報公開 
経験は宝 
笑う力 
「見つめる」から「眺める」へ 
主観・反転・“非”常識 
人とことをわける 
川村敏明先生に会う  

第3章 当事者研究、どうやるの? ――てんてん、「NPOそーね」へ行く 
「そーね」の場ができるまで 
社会と擬態できる人たち 
みんなズレてるから良い 
「対人間」にしない 
みんなで分かち合う 
当事者研究でこう変わった―― 一ノ瀬さんの場合 
私 ゆがんでた、と気づける場 

第4章 当事者研究やってみよう ――てんてんのシアワセ研究
当事者研究は場所に応じて変化する 
私の48歳1年間でシアワセだと感じたこと研究 
ぼっち研究してわかったこと 
「生きづらさ」の根っこ 
あとがき 

■著者から読者へのメッセージ

これまでの本にも書いてきましたが、私は子どもの頃から自分のことを何もできない人間だと思っていて、そんなダメな自分が大キライでした。『生きづらいでしたか?』というタイトルは、「ずーっと生きづらくて、しんどくありませんでしたか?」という、これまでの私自身への問いかけでもあります。当事者研究は、自分の抱えている苦労の意味やメカニズムを、同じような苦労を抱えている仲間と一緒に考えていきます。この本を読んで、自分の苦労との付き合い方が少しわかった、と思ってもらえたら、とてもうれしいです。 
―細川貂々―



※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

平凡社の既刊から
山本晴子/著
エドゥアール・シャヴァンヌ/著 菊地章太/著
太田昌子/編集
本日のピックアップ
コロナ社:日本塑性加工学会 栗山幸久 水越秀雄 内海能亜 加藤和明 奥出裕亮 ほか
大蔵財務協会:髙橋幸之助 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。