近刊検索 デルタ

2019年7月26日発売

平凡社

世界戦争の世紀 20世紀知識人群像

20世紀知識人群像
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
20世紀は世界戦争の時代だった。哲学者、文学者、美術家、また軍人・政治家など、多彩な人物とその相互関係の膨大なエピソードによって、この時代とその精神を活写する。
著者略歴
桜井 哲夫(サクライ テツオ)
1949年足利市生まれ。 東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、東京経済大学コミュニケーション学部教授。専攻、近・現代社会史、社会思想史。主な著者に、『フーコー――知と権力』『〈自己責任〉とは何か』『社会主義の終焉』(以上、講談社)、『戦争の世紀』『「戦間期」の思想家たち』『占領下パリの思想家たち』『一遍と時衆の謎』(以上、平凡社新書)、『可能性としての「戦後」』(平凡社ライブラリー)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

平凡社の既刊から
澤木政輝/著
株式会社地理情報開発/編集
小手鞠るい/著
本日のピックアップ
金子書房:ダッレ・グラーヴェ 吉内一浩 山内敏正 サルティラーナ エル・ゴッチ ほか
北大路書房:道野真弘 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。