近刊検索 デルタ

2018年8月17日発売

平凡社

幻影の明治 名もなき人びとの肖像

名もなき人びとの肖像
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
時代の底辺で変革期を生き抜いた人々の挫折と夢の物語から、現代を逆照射する日本の転換点を描く。明治150年の今年必読の評論集。
著者略歴
渡辺 京二(ワタナベ キョウジ)
1930年、京都生まれ。 大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。評論家。河合 文化教育研究所主任研究員。熊本市在住。 主な著書に、『北一輝』(ちくま学芸文庫)、『黒船前夜』(洋泉社)、『幻影の明治』『父母の記』(いずれも平凡社)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。