近刊検索 デルタ

2018年12月8日発売

平凡社

ケイレブ

ハーバードのネイティブ・アメリカン
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
鴻巣友季子さん推薦!
「弾圧をはねのけ「知」の光へと向かうケイレブとベサイアの魂は今も生きている!

初期ハーバード大学にはネイティブ・アメリカンの学生がいた――史実を基に白人キリスト教少女の目を通しアメリカ社会を描いた全米ベストセラー小説。
各紙誌絶賛! 全米ベストセラー、待望の邦訳!!

これほど味わい深い作品はない……ブルックスは、しなやかな筆致で含蓄のある小説を書く当代屈指の作家として知られる。その評判は本物だ。――ニューヨーク・タイムズ

ブルックスは、ベサイアの目を通して植民地時代のアメリカを描く。17世紀の言葉遣いを忠実に再現した語りは、読者を物語の時代に引き込む。――ニューヨーカー

驚くべき想像力……ブルックスはケイレブに関する数少ない資料を基に、美しい物語を構築した。――ボストン・グローブ

ブルックスが作り上げたベサイアの人物像が魅力的だ……その姿は、現代アメリカに暮らす女性たちの奮闘に通じるものがある。――ロサンゼルス・タイムズ

登場人物は魂の問題に絶えず向き合う。その困難な道のりは、過酷で果てしない。――ワシントン・ポスト

解題:森本あんり(国際基督教大学教授)
目次
初期のハーバード大学には先住民インディアンの学生がいた──史実を軸に白人のキリスト教徒の少女の目を通しアメリカ社会を浮き彫りにする全米ベストセラー小説。オバマ元アメリカ大統領絶賛!
著者略歴
柴田 ひさ子(シバタ ヒサコ)
作家
森本 あんり(モリモト アンリ)
国際基督教大学教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

平凡社の既刊から
保阪正康/著
大隅和雄/著 大山誠一/著 長谷川宏/著 増尾伸一郎/著 吉田一彦/著
重木昭信/著

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。