近刊検索 デルタ

2021年7月19日発売

平凡社

農業消滅

農政の失敗がまねく国家存亡の危機
平凡社新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
《目次》
はじめに
序 章 飢餓は他人事ではない
第1章 2008年の教訓は生かされない
第2章 種を制するものは世界を制す
第3章 自由化と買い叩きにあう日本の農業
第4章 危ない食料は日本向け
第5章 安全保障の要としての国家戦略の欠如
終 章 日本の未来は守れるか
あとがき
付録:建前→本音の政治・行政用語の変換表


《概要》
徹底した規制緩和で、食料関連の市場規模はこの30年で1・5倍に膨らむ一方、食料自給率は38%まで低下。農家の総収入は13・5兆円から10・5兆円へと減少し、低賃金に、農業従事者の高齢化と慢性的な担い手不足もあいまって、?農業消滅?が現実のものになろうとしている。人口増加による食料需要の増大や気候変動による生産量の減少で、世界的に食料の価格が高騰し、輸出制限が懸念されるなか、日本は食の安全保障を確立することができるのか。農政の実態を明かし、私たちの未来を守るための展望を論じる。

目次
はじめに
序 章 飢餓は他人事ではない
第1章 2008年の教訓は生かされない
第2章 種を制するものは世界を制す
第3章 自由化と買い叩きにあう日本の農業
第4章 危ない食料は日本向け
第5章 安全保障の要としての国家戦略の欠如
終 章 日本の未来は守れるか
あとがき
付録:建前→本音の政治・行政用語の変換表
著者略歴
鈴木 宣弘(スズキ ノブヒロ suzuki nobuhiro)
鈴木宣弘:1958年三重県生まれ。東京大学大学院農学生命科学研究科教授。専門は農業経済学。82年東京大学農学部卒業。農林水産省、九州大学大学院教授を経て2006年より現職。FTA産官学共同研究会委員、食料・農業・農村政策審議会委員、財務省関税・外国為替等審議会委員、経済産業省産業構造審議会委員、コーネル大学客員教授などを歴任。おもな著書に『食の戦争』(文春新書)、『悪夢の食卓』(KADOKAWA)、『農業経済学 第5版』(共著、岩波書店)などがある。
タイトルヨミ
カナ:ノウギョウショウメツ
ローマ字:nougyoushoumetsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

平凡社の既刊から
瀬能宏/監修 矢野維幾/写真 鈴木寿之/著 渋川浩一/著
グリム兄弟/著 井口富美子/監修 吉澤康子/編集 和爾桃子/編集 アーサー・ラッカム/イラスト
内村理奈/著
大橋広好/編集 門田裕一/編集 邑田仁/編集 米倉浩司/編集 木原浩/編集
増田弘/監修 中島政希/監修
平凡社地図出版/編集 清水靖夫/監修 今尾恵介/監修
もうすぐ発売(1週間以内)
医薬経済社:吉成河法吏 安江博 
学研プラス:戸津井康之 
学研プラス:なんばきび 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。