近刊検索 デルタ

2022年8月16日発売

平凡社

出版社名ヨミ:ヘイボンシャ

幕末の先覚者 赤松小三郎

議会政治を提唱した兵学者
平凡社新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
洋学者・兵学者として激動の幕末を駆け抜け、薩摩藩士の凶刃に斃れた赤松小三郎。いち早く議会政治を提唱した、知られざる時代の先覚者が果たした歴史的役割とは何だったのか。
著者略歴
安藤 優一郎(アンドウ ユウイチロウ andou yuuichirou)
安藤 優一郎:1965年千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業、同大学院文学研究科博士後期課程満期退学。文学博士。JR東日本「大人の休日倶楽部」など生涯学習講座の講師を務める。主な著書に『明治維新――隠された真実』『河井継之助――近代日本を先取りした改革者』『お殿様の定年後』(以上、日本経済新聞出版)、『幕末の志士 渋沢栄一』(MdN新書)、『渋沢栄一と勝海舟――幕末・明治がわかる! 慶喜をめぐる二人の暗闘』(朝日新書)、『将軍家御典医の娘が語る江戸の面影』『大江戸お寺繁昌記』(ともに平凡社新書)などがある。
タイトルヨミ
カナ:バクマツノセンカクシャ アカマツショウサブロウ
ローマ字:bakumatsunosenkakusha akamatsushousaburou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
止められるか俺たちを 暴走族写真集
日本には暴走族がいる

-- 広告 -- AD --

平凡社の既刊から
高野文子/著 昭和のくらし博物館/著
絵本でSDGs推進協会/編集 中川素子/編集
若尾親/著 山﨑亨/監修
もうすぐ発売(1週間以内)
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
株式会社 世界文化社:ズラータ・イバシュコワ 
論創社:入吉弘幸 
ネコ・パブリッシング:
主婦と生活社:椎隆子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。