近刊検索 デルタ

2021年7月14日発売

ベースボール・マガジン社

『蹴』論

シュートは考え方で決定力が高まる
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
あと1本、ゴールを決めるために





日本フットサル界随一のゴールハンターとして、輝かしい実績を残してきた元Fリーガーの著者が、「ゴールを奪うために必要なことは何か」を多角的な角度からまとめた一冊。ストライカーとして持つべきマインド、ストライカーとして必要なテクニック、練習法などを語り尽くした。もっと多くのゴールを決めて活躍したい、シュートが入らずに悩んでいる……そんな人たちに届いてほしい。

目次
第1章 シュートを決めるためのマインド

第2章 シュートを決めるためのテクニック

第3章 ダイレクトシュートの哲学
著者略歴
渡邉知晃(ワタナベトモアキ watanabetomoaki)
1986年4月29日、福島県郡山市出身。郡山市立第五中学校、福島県立郡山高校を経て順天堂大学に進学。1年時までは蹴球部に所属したが、2年時からフットサル部GAZILに転部し、フットサルをはじめた。関東フットサルリーグのBOTSWANA FC MEGUROを経て、2009年にステラミーゴいわて花巻に移籍。同年にフットサル日本代表に初招集された。その後、2011年に名古屋オーシャンズ、2015年に府中アスレティックFC、大連元朝(中国)に移籍、2016年に府中に復帰。2020年9月に、Fリーグ通算200ゴールを達成。日本代表 58試合出場20ゴール(国際Aマッチ)、2017-18シーズンFリーグ得点王(45ゴール)など、日本有数のピヴォとして数々の実績を残し、2020-21シーズンをもって現役を引退した。
タイトルヨミ
カナ:シュウロン
ローマ字:shuuron

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ベースボール・マガジン社の既刊から
ベースボール・マガジン社/編集
Rivas,Jon/著 今井健策/翻訳 リバスジョン/著
Bernotas,Bob/著 武田薫/翻訳 BernotasBob./著 バーノータスボブ/著
若林弘泰/著
古賀稔彦/著

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。