近刊検索 デルタ

2022年11月30日発売

勉誠出版

出版社名ヨミ:ベンセイシュッパン

書物学 第21巻 活字

近代日本を支えた小さな巨人たち
書物学
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
中国における木活字の発明、グーテンベルクによる活版印刷の創始、そして、現在のデジタルフォントを使用したDTPの時代に至るまで、人びとに広く、正確にものごとを伝えるものとして、「活字」は無視できない大切な存在である。
あまりにも身近な存在であることから、意識されることが多くはないが、時代の技術革新、また、文字・字体に関する意識の変遷に応じて、「活字」はさまざまにそのカタチをかえてきた。
「活字」はどのようにその相貌をかえ、人びとの生活の中に息づいていったのか―。
印刷と文字に関わるさまざまな分野で活躍する執筆陣により、人びとと「活字」の紡いだ歴史を照らし出す。
目次
◎〈特集〉活字―近代日本を支えた小さな巨人たち
巻頭言 石崎康子
木版印刷のゆくえ―信州善光寺町の場合 鈴木俊幸
明治初期の平仮名の活字―違和と順応 岡田一祐
ベントン彫刻機と日本の活字デザイン―三省堂の果たした役割 雪朱里
書体を読む―活字文化とメディア表象 正木香子
題字を組む、書体を選ぶ。 小谷充
上海美華書館地趾考 小宮山博史
「秀英電胎八ポ」書風と「築地新刻電胎八ポ」書風の活字について 内田明
漢字文化圏の文字集合規格 小畠正彌
明治の活字を「きれいに並べる」―金属活字の見本帳からつくる仮名字形一覧 平湯あつし
[COLUMN]横浜市歴史博物館 企画展「活字 近代日本を支えた小さな巨人たち」開催 石崎康子

◎連載・書物学事始め
【松朋堂新収古書解題02】『史記』鄒陽伝残簡〔平安中期〕写/大燈国師(宗峰妙超)筆 紀伊国高家荘譲状案断簡 佐藤道生
【書籍はどう動いたのか―近代書籍流通史料の世界03】地域の書物文化環境を調べるために(1)―「近代奈良県書物文化環境一覧」とは 磯部敦
【愛書家としての魯迅11】魯迅が「拾って」翻訳・出版されたマーク・トウェインの『イヴの日記』 瀧本弘之
【西洋古書の遠近法 VOL.11】ポスト・インキュナブラ 雪嶋宏一
著者略歴
編集部(ヘンシュウブ henshuubu)
タイトルヨミ
カナ:ショモツガク ダイニジュウイッカン カツジ
ローマ字:shomotsugaku dainijuuikkan katsuji

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
止められるか俺たちを 暴走族写真集
日本には暴走族がいる

-- 広告 -- AD --

勉誠出版の既刊から
伊藤氏貴/編集 能地克宜/編集
納富信留/編集 明星聖子/編集
普玄/著 倉持リツコ/翻訳
志賀節子/編集 三枝暁子/編集
安藤宏/編集 大原祐治/編集 十重田裕一/編集
平田茂樹/編集 山口智哉/編集 小林隆道/編集 梅村尚樹/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
書肆侃侃房:目代雄一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。