近刊検索 デルタ

2022年7月11日発売

法政大学出版局

出版社名ヨミ:ホウセイダイガクシュッパンキョク

消費は何を変えるのか

環境主義と政治主義を越えて
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
消費とは何か。消費は社会に何を引き起こすのか。わたしたちはいったいなぜ、何のために消費するのか──コカ・コーラ、デニムパンツ、クリスマスギフトといった日常的な買い物から、国際金融、広告ビジネス、ジェンダー、大規模搾取、環境持続可能性をはじめとする社会の諸問題へ。人類学の第一人者が世界各地でのフィールドワークをもとに消費文化の現在と未来を考えた、定評ある入門書。
目次
 日本語版への序文
 はじめに

第1章 消費の何が悪いの?
 三人の対話

第2章 消費社会
 コーラはいかが?
 消費への欲動(ドライブ)
 消費は資本主義的なのか?
 サンタクロースは誰の味方?
 結 論

第3章 なぜ買い物をするの?
 買い物の第一の理論──ピーナッツ・バター
 買い物の第二の理論──神への捧げもの(サクリファイス)
 地球に優しくすることはむずかしい

第4章 なぜデニムなの?
 グローバル・デニム・プロジェクト
 ジーンズが普通のものになるまで

第5章 なんと愚かな経済
 なぜ広告するの?
 信念・認識論・経済学
 集合的に「物ごとが起こる」ということ
 ベスト・バリュー(最高の価値)?
 ヴァーチャルはいかにリアルを生み出すようになったか
 価値──問題から解決まで

第6章 地球を救う別のやり方

 あとがき

 訳者あとがき
 原 注
 索 引
著者略歴
ダニエル・ミラー(ミラー ダニエル miraa danieru)
(Daniel Miller) 1954年生まれ。ケンブリッジ大学で人類学と考古学を学び、博士号を取得。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)人類学教授。2009年にはUCLにデジタル人類学プログラムを創設。2017年より研究プロジェクト「スマートフォンとスマート・エイジングの人類学(ASSA)」を開始。世界各地でソーシャルメディアに関わる人類学的調査をおこなっている。主著にMaterial Culture and Mass Consumption (1987),A Theory of Shopping (1998),Stuff (2010)などがある。
貞包 英之(サダカネ ヒデユキ sadakane hideyuki)
1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。現在、立教大学社会学部現代文化学科教授。社会学、歴史社会学、消費社会論専攻。著書に『地方都市を考える──「消費社会」の先端から』(花伝社、2015年)、『消費は誘惑する 遊廓・白米・変化朝顔──一八、一九世紀日本の消費の歴史社会学』(青土社、2015年)、『サブカルチャーを消費する──20世紀日本における漫画・アニメの歴史社会学』(玉川大学出版部、2021年)、共著に『自殺の歴史社会学──「意志」のゆくえ』(青弓社、2016年)、『多様な子どもの近代──稼ぐ・貰われる・消費する年少者たち』(青弓社、2021年)などがある。
タイトルヨミ
カナ:ショウヒハナニヲカエルノカ
ローマ字:shouhihananiokaerunoka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
一番やさしい俳句再入門
実は俳句の本をけっこう出しています

-- 広告 -- AD --

法政大学出版局の既刊から
ハンス・ブルーメンベルク/著 村井則夫/訳
ダニエル・ミラー/著 貞包英之/訳
もうすぐ発売(1週間以内)
牧歌舎:飯田廣恒 
講談社:荒木あかね 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。