近刊検索 デルタ

1月20日発売予定

法律文化社

ハーグ条約の理論と実務

国境を越えた子の奪い合い紛争の解決のために
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ハーグ条約批准から7年が経ち、日本での現状と問題点を整理した本格的な概説書。国内実施法の判例や制度を紹介し、離婚や子の監護権、面会交流に関する渉外事件の実務で必須となる考え方を解説。従来ハーグ条約については、家族法の面会交流制度や人身保護法の子の引渡し手続との関連で部分的に触れられてきたが、本書は日本と関係が深い5カ国の実施状況の紹介を含めて、日本における条約の実施課題を理論と実務両面から包括的に概説した。第一線で活躍する研究者、弁護士、法務省・外務省担当者の共同研究の成果。
著者略歴
大谷 美紀子(オオタニ ミキコ ootani mikiko)
大谷 美紀子(弁護士、国連子どもの権利委員会委員)
西谷 祐子(ニシタニ ユウコ nishitani yuuko)
西谷 祐子(京都大学大学院法学研究科教授)
金子 修(カネコ オサム kaneko osamu)
金子 修(法務省大臣官房司法法制部長)
外務省ハーグ条約室(ガイムショウハーグジョウヤクシツ gaimushouhaagujouyakushitsu)
長田 真里(ナガタ マリ nagata mari)
長田 真里(大阪大学大学院法学研究科教授)
芝池 俊輝(シバイケ トシテル shibaike toshiteru)
芝池 俊輝(弁護士)
山口 亮子(ヤマグチ リョウコ yamaguchi ryouko)
山口 亮子(関西学院大学法学部教授)
古賀 絢子(コガ アヤコ koga ayako)
古賀 絢子(東京経済大学現代法学部専任講師)
橘高 真佐美(キッタカ マサミ kittaka masami)
橘高 真佐美(弁護士)
池田 綾子(イケダ アヤコ ikeda ayako)
池田 綾子(弁護士)
黒田 愛(クロダ アイ kuroda ai)
黒田 愛(弁護士)
タイトルヨミ
カナ:ハーグジョウヤクノリロントジツム
ローマ字:haagujouyakunorirontojitsumu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

法律文化社の既刊から
駒村圭吾/著・編集 吉見俊哉/著・編集 山崎友也/著 新井誠/著 西村裕一/著 横大道聡/著 ほか
道幸哲也/著・編集 加藤智章/著・編集 國武英生/著・編集 迫田宏治/著 村田英之/著 ほか
内田博文/著・編集 宮本弘典/著 櫻庭総/著 内山真由美/著 春日勉/著 森尾亮/著 ほか
もうすぐ発売(1週間以内)
技術評論社:高橋正和 荒木粧子 池上美千代 岡田良太郎 唐沢勇輔 北澤麻理子 ほか
平凡社:長岡美代 
双葉社:春野恵 
アリス館:ともながたろ なかのひろみ 
光文社:佐々木功 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。