近刊検索 デルタ

2019年4月11日発売

ポプラ社

子育てのきほん

一般書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
悩めるお母さん、お父さんへ
子どもをぎゅっと抱きしめたくなる!

没後も愛され続ける児童精神科医・佐々木正美があたたかなまなざしでつづる、
子どもの心とからだの発達のために本当に大切にしたいこと。

「お母さんは、子どもが喜ぶことをしてあげるだけでいいのです」
「いくら抱いても、いくら甘やかしてもかまいません」
「願いをたくさんきいてもらって育った子は、社会のルールも自然に学びます」
「子どものためと思いながら、親の生きがいや希望を子どもに負わせていないでしょうか」
・子どもとのかかわり方
・母親と父親の役割
・祖父母との良好な関係の築き方
・ほめ方・しかり方
・社会の中でどうあるべきか
・仕事と子育ての両立について etc.

【佐々木正美先生について】
児童精神科医。1935年、群馬県生まれ。2017年没。新潟大学医学部卒業。ブリティッシュ・コロンビア大学児童精神科医、東京大学精神科医、東京女子医科大学小児科、小児療育相談センターなどを経て、川崎医療福祉大学特任教授。臨床医としての活動のみならず、地域の親子との学び合いにも力を注いだ。専門は児童青年精神医学、ライフサイクル精神保健、自閉症治療教育プログラム「TEACCH」研究。糸賀一雄記念賞、保健文化賞、朝日社会福祉賞、エリック・ショプラ―生涯業績賞などを受賞。『子どもへのまなざし』、『子どもの心の育て方』など育児、障害児療育に関する著書多数。

※本書は『どうか忘ないでください、子どものことを。』に未発表原稿を加え、デザイン、版型、定価などを変更した新装版になります。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ポプラ社の既刊から
加来耕三/企画 出手窪剛/企画 かねた丸/イラスト
一木けい/著
本日のピックアップ
コロナ社:日本塑性加工学会 栗山幸久 水越秀雄 内海能亜 加藤和明 奥出裕亮 ほか
大蔵財務協会:髙橋幸之助 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。