近刊検索 デルタ

2020年6月8日発売

ポプラ社

スマホを捨てたい子どもたち

野生に学ぶ「未知の時代」の生き方
ポプラ新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
京大総長でゴリラ研究者の著者による「未知の時代」の人とのつながり方。

先が見えない時代、人間にとってもっとも大切なことと何か。
自然の脅威、テクノロジーの進化をどう受け入れ、どう豊かに生きるか。

講演会で、多くの高校生がスマホを手にしながら、「スマホを捨てたい」と言った。彼らはなぜ、スマホで人とつながることに漠然とした不安を感じているのか。およそ200万年前の人類の歴史とゴリラ研究の見地から、これからの「未知の時代」を生きる、生物としての人間らしさを考える。先が見えない時代、自然やテクノロジーと共生していくために。

第1章 スマホだけでつながるという不安――ゴリラ学者が感じる人間社会の変化 
第2章 僕はこうしてゴリラになった――生物としての人間を知るために 
第3章 言葉は人間に何をもたらしたのか――ゴリラから見た人間世界 
第4章 人間らしさって何?――皆で食べ、育て、踊る人間の不思議 
第5章 生物としての自覚を取り戻せ――AIに支配されないために 
第6章 未来の社会の生き方――生活をデザインするユートピアへ


山極寿一(やまぎわ・じゅいち)
1952年、東京都生まれ。霊長類学・人類学者。京都大学総長。京都大学理学部卒、京大大学院理学研究科博士後期課程単位取得退学、理学博士。ゴリラ研究の世界的権威。ルワンダ・カリソケ研究センター客員研究員、日本モンキーセンターのリサーチフェロー、京大霊長類研究所助手、京大大学院理学研究科助教授を経て同教授。2014年10月から京大総長、2017年6月から2019年6月まで国立大学協会会長、2017年10月から日本学術会議会長を兼任。『「サル化」する人間社会』(集英社インターナショナル)、『京大式おもろい勉強法』(朝日新聞出版)、『ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」』(毎日新聞出版)など多数。
著者略歴
山極 寿一(ヤマギワジュイチ yamagiwajuichi)
タイトルヨミ
カナ:スマホヲステタイコドモタチ
ローマ字:sumahoosutetaikodomotachi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ポプラ社の既刊から
ミランダ・ジョーンズ/著 浜崎絵梨/翻訳 谷朋/イラスト
原ゆたか/著 原ゆたか/イラスト
ミランダ・ジョーンズ/著 浜崎絵梨/翻訳 谷朋/イラスト
麻生かづこ/著 垂石眞子/イラスト
本日のピックアップ
大蔵財務協会:望月文夫 
ロングセラーズ:池口恵観 
日経BP:井上竜夫 オートデスク株式会社 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。