近刊検索 デルタ

2018年11月26日発売

扶桑社

結果が出る[SNSマーケティング]てっぱん法則

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ツイッター、フェイスブック、インスタグラムを組み合わせビジネスで大勝利する
“バズらせる技術”を指南
業界では知る人ぞ知る「SNSの天才」がその技を初公開

ソーシャルメディアを使い集客などで大成功している人がいる一方、大きな投資をしたにもかかわらず一向に結果を出せない人が多数います。
しかし、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなど、ソーシャルメディアが持つそれぞれの特性をしっかり理解したうえで戦略的に組み合わせることができれば、ソーシャルメディアは現代最強のビジネスツールであることは言うまでもありません。つまり、結果が出せない人は、その本質を知らないだけなのです。
 本企画では、ソーシャルメディアを駆使したデジタルプロモーションの数々を成功に導いてきた、業界では「SNSの天才」との呼び声も高い森寛弘氏が登場。
・某企業のフェイスブック「いいね!」を、9800人から1週間で7万人に
・メディア関連の公式ツイッターへのアクセスを1か月で3倍に、フォロワー数を41倍に
・某外資系メーカーのSNSインプレッション数を3か月で12倍に……etc.
こうした実績を上げている森氏が、この5年で蓄積したSNSの「絶対的なてっぱん成功法則」を初めて開示。具体的な事例をもとに世界一わかりやすく解説します。
本書の“バズらせる技術”をそのまま実行する(真似する)だけで、誰もが「結果にコミットするSNS」の使い手になれます。

【主なコンテンツ】
○SNSマーケティングとは何か、いかに運用すべきか、どうしたら効果を上げられるのか。これらについて、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなど、それぞれの特徴と実践方法を解説

○動画、画像、テキストの作り方における法則を完全図解
⇒「読ませる」のではなく「見せる」ことを意識
⇒SNSテキストでの漢字:ひらがなの比率は4:6に
⇒インスタでの成功構図9パターンはこれ
⇒インスタのハッシュタグは最大30個まで関連ワードをつける……etc.



【著者プロフィール】
森 寛弘(もりのりひろ)
1976年生まれ、株式会社XROSSOVER(クロスオーバー) 代表取締役/CEO
SNS時代での企業ブランディングにおけるデジタルマーケティングを支援し、コミュニケーション戦略支援、コンサルティング、デジタルプロモーションを実施するWebマーケティングを企画運営。さまざまな企業のSNS施策を成功に導いてきた、業界では知る人ぞ知る「SNSの天才」である。
主なクライアントは、フジテレビ、日本テレビ、文化放送、テンピュール・シーリー・ジャパン、LINE、産経新聞社、東京ドーム、UUUM、住友不動産ベルサール、ビクターエンタテインメント、デジタルハリウッド、三井住友VISAカードなど多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

扶桑社の既刊から
リサ・マリー・ライス/著 上西京/翻訳
森口朗/著
トム・クランシー/著 伏見威蕃/翻訳 スティーヴ・ピチェニック/著
宮内庁侍従職/監修
本日のピックアップ
日経BP:増田智明 
第一法規:能見善久 加藤新太郎 
共立出版:MoranCerf ManuelGarcia-Garcia 福島誠 ほか

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。