近刊検索 デルタ

12月20日発売予定

扶桑社

白と黒とハッピー~純烈物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
大晦日を前に緊急発売決定!

なぜ、2度目の紅白をつかめたのか?
今こそ明らかになる
「純烈物語(リアル・ストーリー)」

「夢は紅白!親孝行!」というキャッチフレーズを掲げ、長い下積み生活を送ってきた“銭湯アイドル”が、2018年末、ついに紅白歌合戦初出場を?んだ。しかし、その余韻も冷めぬうちの2019年新春、メンバーのスキャンダルが発覚、“解散”の危機に追い込まれた―?。

子役、戦隊ヒーロー、トークライブハウスのブッキングマネジャー、そしてプロレスラーなど、芸能界という魑魅魍魎が巣食う場所で、転々と生きてきた、リーダー・酒井一圭はいかにメンバーを集め、周囲のスタッフや、マダムを中心としたファン、メディアを巻き込んできたのか。

「俺、紅白に出るわ。それまでは家にお金を入れられないけど、20年後には好きなだけ買い物できるようになるから、耐えてくれ」と酒井が妻に語ったあの日―。

グループ結成以前、結成当初の秘話から、どん底を味わった日々、初の紅白、スキャンダル、そして2度目の紅白歌合戦出場……リーダーで純烈のプロデューサーである酒井を中心にメンバーは「純烈現象」をどう捉えているのか。メンバーが”純烈前”の出自や苦悩、喜びを語る。

プロレス団体「マッスル」で酒井一圭と出会い、親交を続けてきたライター鈴木健.txtが純烈に密着。赤裸々な本音を聞き出したノンフィクション。Web『日刊SPA!』の連載分に、カラーグラビア、書き下ろし部分を加えた300ページを超える、渾身の一作!



【目次】
序章  黒から白を求めて―スキャンダル後の純烈
第1章 純烈を成功させた酒井一圭の戦略と縁
第2章 リアルを超えたリアリティー
第3章 メンバーに選んだ決め手は“声”と“年上”と“運”
第4章 白川、小田井、後上から見た酒井一圭という人間
第5章 黒を乗り越えてのハッピーをみんなで
解説 「酒井一圭episode0」 --スーパー・ササダンゴ・マシン(プロレスラー)

著者略歴
鈴木 健.txt(スズキケン suzukiken)
1966年9月3日、福島県会津若松市生まれ、東京都葛飾区西亀有出身。1988年9月~2009年9月まで21年間、ベースボール・マガジン社に在籍し『週刊プロレス』編集次長及び同誌携帯サイト『週刊プロレスmobile』編集長を務める。退社後はフリー編集ライターとしてプロレスに限らず音楽、演劇、映画などの表現ジャンルで執筆。イベントMCや50団体以上のプロレス中継の実況・解説をする一方、演劇情報誌『シアターガイド』における連載、音楽専門誌『音楽と人』や同誌が発刊したバンド・POLYSICSの単行本等に寄稿。2018年5月に初の著書『プロレス きょうは何の日?』(河出書房新社)を刊行。『月刊スカパー!』(ぴあ)にてプロレスラーとの対談シリーズ「鈴木健.txtの場外乱闘」連載中。純烈リーダの酒井一圭とはマッスルのテレビ中継解説を務めたことから知り合う。Twitter : @yaroutxthttp://ameblo.jp/kensuzukitxt/
タイトルヨミ
カナ:シロトクロトハッピージュンレツモノガタリ
ローマ字:shirotokurotohappiijunretsumonogatari

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
コロナ社:長名優子 石畑宏明 菊池眞之 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。