近刊検索 デルタ

2019年12月27日発売

扶桑社

漫画香港デモ激動!200日

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
香港で何が起こっているのか?
デモの発端、経緯、そして住民の本音とは?

●自らデモに参加し取材した香港在住の著者による、
 現地でしかわからない香港デモの真実と現在点がここに!

●30分でわかる! 漫画で香港デモを総解説!

●倉田徹・立教大学教授による詳細な巻末解説付き!


主人公・秋田浩史は日本の香港に留学中の大学3年生。
香港人の恋人もでき、彼らの抱える歴史的背景などを学ぶなか、
留学終了まぎわの2019年6月、香港で反政府デモが起こる。
香港人たちの「自分の未来は自分で切り拓く」という姿勢に
胸を打たれた浩史自身もまた、デモの中に身を投じることに。

香港人が戦う敵とは何か、 デモの先に何を得るのか?

香港在住の著者が、現地で実際にデモに参加するなかで
目にした現実と、綿密なリサーチをもとにリアリティ
溢れる視点で描きだす、渾身のコミック・ルポルタージュ!




秋田浩史(あきた・ひろふみ)
原作・コラム執筆担当。香港在住の日本人。
6月の天安門事件追悼集会、200万人デモから現在まで香港デモに参加し続ける。その現場で経験した実話を元に物語を構成。

TOA(とあ)
漫画担当。「むずかしそうを、わかりやすく」をモットーに様々な分野でイラストや漫画を制作。著書に『恋するクラフトビール』(KADOKAWA)がある。

倉田徹(くらた・とおる)
巻末解説担当。立教大学法学部政治学科教授。
専門は現代中国・香港政治。近著に『香港雨傘運動と市民的不服従 「一国二制度のゆくえ』(共著/社会評論社)『香港危機の深層 「逃亡犯条例」改正問題と「一国二制度」のゆくえ』(共著/東京外国語大学出版会)がある。
著者略歴
秋田 浩史(アキタコウジ akitakouji)
TOA(トア toa)
倉田 徹(クラタトオル kuratatooru)
タイトルヨミ
カナ:マンガホンコンデモゾウドウニヒャクニチ
ローマ字:mangahonkondemozoudounihyakunichi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

扶桑社の既刊から
ノーラ・ロバーツ/著 香山栞/翻訳
ラーシュ・ケプレル/著 瑞木さやこ/翻訳 鍋倉僚介/翻訳

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。