近刊検索 デルタ

2022年8月5日発売

扶桑社

出版社名ヨミ:フソウシャ

元祖アイドル「明日待子」がいた時代 ――ムーラン・ルージュ新宿座と仲間たち――

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ご存じですか? 戦前、AKBセンターの元祖と言っても
過言ではない〝アイドル〟がいたことを
「戦争」という時代の波に翻弄され、空襲の下でも、「滅私奉公で兵隊さんや観客の方をお慰めできればいい」とステージに立ち続けた明日待子。彼女の生きざまには、他者を第一に思いやる日本人のDNAが滲み出ている。 

NHKドラマ『アイドル』、8月11日19時30分より総合テレビで放送決定!
主演:古川琴音、共演:山崎育三郎ほか

私たちは、待子さんが何度も口に出した「滅私奉公」という言葉すら死語になった時代を生きている。だが、「滅私奉公」をする相手が観客だと言い切った待子さんに、私はアイドルの宿命と使命、その究極を見た思いがした。アイドルは大衆を動員する最強の装置。それは否定しがたい。「時代がそうでした……」と待子さんはこうも言った。待子さんの口を通すと、それは強い説得力を持って伝わってきた。だが、「常に戦争があった」「青春時代は戦争一色だった」とは、やはり悲しすぎる言葉だと思えてならない。……あとがきより
著者略歴
押田信子(オシダノブコ oshidanobuko)
中央大学経済研究所客員研究員。出版社勤務を経て、2008年、上智大学大学院文学研究科修士課程修了、2014年、横浜市立大学大学院都市社会文化研究科博士課程単位取得退学。専門はメディア史、歴史社会学、大衆文化研究。著書に『兵士のアイドル』(旬報社)『抹殺された日本軍恤兵部の正体』(扶桑社新書)、共著に『戦争と芸能』(小社刊)などがある。
タイトルヨミ
カナ:ガンソアイドルアシタマツコガイタジダイ
ローマ字:gansoaidoruashitamatsukogaitajidai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
みらいパブリッシング:佐々木文彦 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。