近刊検索 デルタ

2022年9月26日発売

扶桑社

出版社名ヨミ:フソウシャ

ウクライナの教訓 反戦平和主義(パシフィズム)が日本を滅ぼす

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
独善的な正義が覆う“お花畑”の日本にロシアの侵攻を予測した軍事評論家が警鐘を鳴らす!
善と悪が戦っている時に中立的姿勢をとる欺瞞。国連の機能不全が示した空想的平和主義の崩壊。日本は人間不在の防衛論議のままでいいのか? 日本の安全保障と憲法改正の問題点を指摘する。

●章立て
第1章 憲法典に「自衛隊」が明記される
第2章 防衛費は増額されるか
第3章 誰も軍事侵攻を予測できなかった
第4章 間違いだらけの反戦平和報道
第5章 いつまで続く、反戦平和報道
第6章 どっちも、どっち論の根本的な誤謬
第7章 なしくずしの防衛論議でいいのか
第8章 防衛政策の迷走が続く
第9章 戦後日本が失ったもの
著者略歴
潮匡人(ウシオマサト ushiomasato)
昭和35年3月生まれ。早稲田大学法学部卒。同大学院法学研究科博士前期課程修了。旧防衛庁・航空自衛隊に入隊。教育隊区隊長、航空団小隊長、飛行隊付幹部、総隊司令部幕僚、長官官房勤務等を経て3等空佐で退官。出版社勤務、シンクタンク研究員、聖学院大学専任講師、防衛庁広報誌編集長、帝京大学准教授、参議院議員政策担当秘書、拓殖大学客員教授、東海大学講師等を歴任。アゴラ研究所フェロー。公益財団法人「国家基本問題研究所」客員研究員。『安全保障は感情で動く』(文春新書)、『誰も知らない憲法9条』(新潮新書)ほか著書多数。人気コミック『空母いぶき』(かわぐちかいじ作・連載誌『ビッグコミック』小学館)に協力中。
タイトルヨミ
カナ:ウクライナノキョウクン
ローマ字:ukurainanokyoukun

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

扶桑社の既刊から
BETSY/著 喜田直江/監修
アントニイ・バウチャー/著 H・H・ホームズ/著 高橋泰邦/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
株式会社 世界文化社:ズラータ・イバシュコワ 
論創社:入吉弘幸 
主婦と生活社:椎隆子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。