近刊検索 デルタ

2023年12月22日発売

扶桑社

出版社名ヨミ:フソウシャ

わたしは灰猫 そして、灰猫とわたし

扶桑社文庫
扶桑社文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
〝謎〟を追う緊迫した物語 力を背景とした一方的な現状変更の試みやテロ、暴力的過激主義の拡大、未知の感染症など、これまでにない不安の時代が続いている。人間の命をめぐるその情況に、この物語は新しい鮮やかなカタルシス、新しい生き方を暗示する。「アラスカ育ちの若い女性咲音。山中でひとり暮らす老婆『灰猫』の謎。何年かに一度、出現する森の中の湖。青山さんが、こんなにみずみずしい感性を持ち続けていたことに驚く。コロナ時代の『復活』の書、清冽な水の音が聞こえるような小説だ」       『月刊Hanada』編集長・花田紀凱文庫化に伴い〝後日譚〟を新たに書き下ろし!
著者略歴
青山繁晴(アオヤマシゲハル aoyamashigeharu)
タイトルヨミ
カナ:ワタシハハイネコソシテハイネコトワタシ
ローマ字:watashihahainekososhitehainekotowatashi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。