近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「『選択と集中』、そして『効率』を求める政策が研究力を低下させ、大学を破壊する。日本の学術に輝きを取り戻す必読の書」――山極寿一・京都大学長

「平成・失われた30年」をもたらした「科学研究力の失墜」はなぜ起こったのか?「選択と集中」という名の「新自由主義的政策」および「政治による介入」の真実、および疲弊した研究現場の実態、毎日新聞科学環境部が渾身のスクープ!

かつて日本は「ものづくり」で高度経済成長を成し遂げ、米国に次ぐ世界第二の経済大国になった。しかし「ライジング・サン」「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われたころの輝きはもはやない。日本メーカーが力を失い、経済が傾くのと並行して、大学などの研究も衰退している。政府による近年のさまざまな「改革」の結果、研究現場は疲弊し、大学間の格差も広がった。どうしてこんなことになってしまったのか。それなのになぜ政府はまずます研究現場への締め付けを強めようとしているのか。そうした問題意識から、われわれの取材は始まった。(本文より)
著者略歴
毎日新聞「幻の科学技術立国」取材班(マイニチシンブンマボロシノカガクリッコクシュザイハン mainichishinbunmaboroshinokagakurikkokushuzaihan)
毎日新聞「幻の科学立国」取材班 毎日新聞科学環境部に在籍した記者による特別取材班。西川拓(デスク)、須田桃子(キャップ)、阿部周一、酒造唯、伊藤奈々恵、斎藤有香、荒木涼子が取材、執筆を担当した。
タイトルヨミ
カナ:ダレガカガクヲコロスノカ
ローマ字:daregakagakuokorosunoka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

毎日新聞出版の既刊から
広岩近広/著 岩井忠正/著 岩井忠熊/著
大治朋子/著
養老孟司/著 山極寿一/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:大坪和敏 
マガジンハウス:あきこ 
コロナ社:野波健蔵 
花鳥社:曽倉岑 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。