近刊検索 デルタ

2022年9月21日発売

みすず書房

出版社名ヨミ:ミスズショボウ

パンデミックから何を学ぶか

子育て・仕事・コミュニティをめぐる医療人文学
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2020年に新型コロナウイルス感染症のパンデミックが起きてから、私たちは現実の否定とパニックを行き来し、仮想敵をつくり、真偽の不明な情報や統計データに一喜一憂してきた。
感染症をめぐる言説を研究しつづけてきた医療人文学者の著者によれば、これらの反応は歴史において繰り返されてきたという。この50年ほどのあいだの科学の進歩はパンデミックを回避する知識を私たちに与えたが、皮肉にも、実際にパンデミックが起きたときに何をすべきかについての先人の知恵を奪ったのだ。
デフォーが『ペスト』で描いた強制隔離のむずかしさ、人々の病気への意識を根底からくつがえした「細菌」の発見、一冊のベストセラーがアメリカを恐怖のどん底に陥れたエボラ出血熱……。医学・科学史、心理学、行動科学、文学などの豊富な知見とともにパンデミック下の市民社会の反応を分析し、よりよい隔離生活のための30の教訓を導き出す。
パンデミック下の生活でつらかったこと、もう二度と元通りにならなくなってしまったこと――それを語り継ぐのは、いまパンデミックを生きのびている私たちにしかできないことなのだ。
目次
謝辞

序章
第1章 #女たちの声を聞け――天然痘、ワクチン、そして細菌以前の世界 1721年
第2章 危険な取引――人々が死んでいくあいだも国を繁栄させ続けるには 1722年
第3章 人はみんなつながっている――コレラが教えたコミュニティのありかた 1832年、1848年、1854年
第4章 手を洗いなさい――公衆衛生キャンペーンの歴史 1845-1875年ごろ
第5章 どこもかしこもバイ菌まみれ――人類を救った細菌の発見が、人類を滅ぼすかもしれないのはなぜか 1875-1901年

幕間 反逆の章――死について話そう、ベイビー

第6章 荒療治と危険な療法の歴史――リスク回避がかえって危険な行動につながるのはなぜか 1875-1901年
第7章 終わりなき倫理の議論――アメリカの個人主義と健康保菌者の問題 1906年
第8章 子どもたちはだいじょうぶではない――1918年のインフルエンザ・パンデミック並みの病気が子どもたちを襲ったら 1918年
第9章 疫病は差別をしない――いかにして性感染症が特権階級のはったりを暴いたか(そして新型コロナウイルスがわたしたちのはったりを暴くか) 1885年&1985年
第10章 『ホット・ゾーン』の罪――いかにしてひとりの作家がエボラ出血熱の恐怖をあおるキャンペーンを始め、それが今もパンデミックの封じ込めを妨げているか 1994年
終章 新型コロナウイルス感染症のもっとも暗い見通し(と流れを変える方法)

訳者あとがき

文献
索引
著者略歴
カリ・ニクソン(カリニクソン karinikuson)
(Kari Nixon) ウィットワース大学の医療人文学・ヴィクトリア朝文学の課程で、感染症への社会的反応について教鞭をとる。また、『ハフィントンポスト』や『イエス!』誌、CNN.comなどで、一般読者向けに公衆衛生に関する研究を発表している。著書のKept from All Contagion: Germ Theory, Disease, and the Dilemma of Human Contact(State University of New York Press 2020)では、ヴィクトリア朝文学・大衆文化における人類の病気への反応の社会史をたどっている。
桐谷知未(キリヤトモミ kiriyatomomi)
(きりや・ともみ) 翻訳家。東京都出身。南イリノイ大学ジャーナリズム学科卒業。訳書にボール『人工培養された脳は「誰」なのか』(原書房 2020)デイ『ヴィクトリア朝 病が変えた美と歴史』(原書房 2021)ブライソン『人体大全』(新潮社 2021)ほか多数。
タイトルヨミ
カナ:パンデミックカラナニヲマナブカ
ローマ字:pandemikkukarananiomanabuka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

みすず書房の既刊から
アリス・ドレガー/著 鈴木光太郎/翻訳
ケイトリン・ローゼンタール/著 川添節子/翻訳
エドガー・A・ポーター/著 ランイン・ポーター/翻訳 菅田絢子/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
みらいパブリッシング:佐々木文彦 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。