近刊検索 デルタ

2018年5月30日発売

ミネルヴァ書房

よくわかるイギリス近現代史

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
イギリスの近現代史の導入としての古代、中世から、21世紀の歴史までを網羅する。また、政治・経済・文化と幅広いテーマを扱う。項目ごとに見開き読み切りに編集し、多くの図版を掲載。重要用語も適宜解説。一冊でイギリスの歴史とヨーロッパ、アメリカ、日本との関係がわかる初学者向けテキストの決定版。
目次
はしがき

Ⅰ 古代~近世のイギリス
 1 古代のブリテン島
 2 中世のイングランド
 3 イングランド国教会の形成
 4 エリザベス1世の時代

Ⅱ ステュアート王朝の時代(1603~1714年)
 1 同君連合のはじまり
 2 北米植民地の開拓
 3 清教徒革命
 4 共和政と戦乱の時代
 5 王政復古
 6 ロンドン大火
 7 3度の英蘭戦争
 8 トーリとホイッグ
 9 名誉革命
 10 グレートブリテン王国の誕生

Ⅲ 「長い18世紀」のイギリス(1688~1815年)
 1 ルイ14世との戦い
 2 ハノーヴァ王朝の成立
 3 ジャコバイトの反乱
 4 南海泡沫事件
 5 議院内閣制の形成
 6 北米・カリブ・インドをめぐる戦争
 7 アメリカ独立戦争
 8 産業革命
 9 フランス革命とナポレオン戦争
 10 「財政=軍事国家」イギリスの勝利

Ⅳ 大英帝国の時代(1815~1900年)
 1 パクス・ブリタニカの盛衰
 2 選挙法の改正
 3 チャーティスト運動
 4 工場法の改正
 5 ヴィクトリア女王の登場
 6 ジャガイモ飢饉の余波
 7 ロンドン万国博覧会(1851年)
 8 ジェントルマンの教育
 9 スポーツの近代化・国際化
 10 2大政党制の確立
 11 帝国主義のはじまり
 12 進化論の衝撃
 13 アイルランド自治問題の深刻化
 14 2度の女王記念式典
 15 ラファエル前派とアーツ・アンド・クラフツ運動
 16 イギリス音楽の興隆
 17 世紀末の文学界の多様化
 18 ボーア戦争の衝撃

Ⅴ 2つの世界大戦(1901~1945年)
 1 エドワード平和王の時代
 2 労働党の結成
 3 上院(貴族院)の弱体化
 4 第一次世界大戦
 5 ノブレス・オブリージュからナショナル・オブリージュへ
 6 コモンウェルスの誕生
 7 アイルランド自由国の成立
 8 植民地独立の機運
 9 パレスチナ問題の起源
 10 日英同盟の盛衰
 11 労働党政権の樹立
 12 ゼネストと世界恐慌
 13 宥和政策
 14 第二次世界大戦

Ⅵ 帝国の溶解と現代のイギリス(1945年~)
 1 福祉国家の誕生
 2 大英帝国の解体
 3 アメリカとの「特別な関係」
 4 帝国からコモンウェルスへ
 5 ヨーロッパとの複雑な関係
 6 スエズ戦争
 7 ザ・ビートルズの衝撃
 8 「英国病」の時代
 9 サッチャリズムの時代
 10 フォークランド戦争
 11 ブレアの栄光と挫折
 12 エリザベス2世の65年

人名・事項索引

コラム
 1 カリブの海賊の真実
 2 中位の階層の人々(ミドリングソート)の登場
 3 アイルランドの合併
 4 大衆消費社会の到来
 5 「切り裂きジャック事件」と世紀末の諸相
 6 王冠を賭けた恋
 7 戦争指導者チャーチル
 8 ケインズとイギリス経済
 9 「移民の国」としてのイギリス
 10 「連合王国」イギリスのゆくえ
著者略歴
君塚 直隆(キミヅカ ナオタカ)
2018年5月現在関東学院大学国際文化学部教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 2018/10/21号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。