近刊検索 デルタ

2020年6月15日発売

ミネルヴァ書房

授業づくりの深め方

「よい授業」をデザインするための5つのツボ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
目の前の子どもに応じて、個々の手法をアレンジして使いこなしたり、授業を組み立てたりする上での原理・原則(授業づくりの5つのツボ)が、明日の授業を変えるヒントになる。
日本の教育現場が蓄積してきた不易の知恵や文化(現場の教育学)を包括的に整理しつつ、新しい学力や学びのあり方に対応した教育文化の刷新を図る本書は、教育をめぐる流行に踊らされることなく、教師一人ひとりが自らのやり方でよい授業を追求するための考え方と方法を指し示す。
目次
はじめに


 第Ⅰ部 授業の本質とロマンの追求

第1章 授業づくりのフレームと5つのツボ
 1 授業の本質と教師の技量
 2 学ぶことと教えること
 3 教師の技量を磨く方法論
 4 授業づくりにおける卓越性の追求

第2章 未来社会をよりよく生きるための新しい学力と学びの形
 1 コンピテンシー・ベースの教育改革の展開
 2 現代社会で求められる学力と学びの質
 3 アクティブ・ラーニングを超える授業へ


 第Ⅱ部 よい授業をデザインする5つのツボ

第3章 授業づくりのツボ①「目的・目標(Goal)」を明確化する 
 1 教育目標を明確化する意味
 2 「知の構造」を生かした教育目標の精選と明確化
 3 より高次のより遠い目標を意識する意味
 4 カリキュラムづくりの主人公としての教師
  
第4章 授業づくりのツボ②「教材・学習課題(Task)」をデザインする
 1 教材研究の基本的な考え方
 2 すぐれた教材の条件
 3 教材研究の二つの方法、さらにその先へ
 4 教科書との上手な付き合い方
  
第5章 授業づくりのツボ③「学習の流れと場の構造(Structure)」を組織化する
 1 授業の流れと展開のデザイン
 2 教材と学習活動の配列と組織化
 3 授業づくりにおける時間の問題
 4 学習形態と学習環境のデザイン
 5 教室の関係構造と文化の組み換え
  
第6章 授業づくりのツボ④「技とテクノロジー(Art & Technology)」で巧みに働きかける
 1 教師の指導言
 2 教室における非言語的コミュニケーション
 3 学習者の思考を触発し深い思考へといざなう教師の技
 4 板書とノートの生かし方
 5 授業づくりにおいてICTとどう付き合うか

第7章 授業づくりのツボ⑤「評価(Assessment)」を指導や学習に生かす
 1 教育評価の基本的な考え方
 2 目標の明確化と評価方法の設計
 3 パフォーマンス評価の基本的な考え方と方法
 4 パフォーマンス評価が提起する教育評価の新しいパラダイム


 第Ⅲ部 5つのツボを生かして授業づくりを深める

第8章 「教科する」授業を創る手立て
 1 「授業づくりの5つのツボ」を意識して学びの質を追求する
 2 「わかる」授業へ、そして「教科する」授業へ
 3 「教科する」授業と新しい教育文化の創出

第9章 授業の構想力を磨く校内研修のデザイン
 1 日本の教師たちの実践研究の文化
 2 教師としての力量形成の基本的な道筋
 3 授業デザインの過程に埋め込まれた実践的な学びの機会
 4 教育実践を記録する方法論
 5 事後検討会の方法論


巻末特別付録・ブックガイド
 1 新任教師のスタートアップのために
 2 子ども理解を深めるために
 3 学級づくりと学級経営について学ぶ
 4 実践記録で綴る戦後教育史①経験主義と系統主義の振り子
 5 実践記録で綴る戦後教育史② 「教え」と「学び」の間
 6 カリキュラムや学校の学習の当たり前を問い直す
 7 教育方法学をさらに深く学ぶために


初出一覧
索  引
著者略歴
石井 英真(イシイ テルマサ ishii terumasa)
2021年4月現在 京都大学大学院教育学研究科准教授
タイトルヨミ
カナ:ジュギョウヅクリノフカメカタ
ローマ字:jugyouzukurinofukamekata

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ミネルヴァ書房の既刊から
藤井崇/著
宮寺晃夫/著 西之園晴夫/著
もうすぐ発売(1週間以内)
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
実業之日本社:堂場瞬一 
星海社:小川隆行 一瀬恵菜 鴨井喜徳 久保木正則 後藤豊 所誠 ほか
エール出版社:鳩山文雄 
中央公論新社:原田泰 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。