近刊検索 デルタ

11月2日発売予定

ミネルヴァ書房

証言 天安門事件を目撃した日本人たち

「一九八九年六月四日」に何が起きたのか
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
中国現代史の転換点となった1989年6月の天安門事件に際し、当時北京にいた日本人は何を考え、何を見て、いかに行動したのか。事件から30年が経ち、関係者の多くが一線を退き引退しつつつあるいま、支障なく証言することがようやく可能となった。天安門事件を契機に中国が世界第2位の経済大国にのし上がった今こそ、次世代に語り継いでおきたい事件の秘話・個人の体験を、永久保存版として残す。
目次
はじめに


 第Ⅰ部 あの日、広場で見たものは

1 あの夜、戒厳軍はこう動いた(笠原直樹)
2 デモ鎮圧の視点から見た天安門の激戦(南 隆)
3 暴力の真空地帯だった天安門広場(永持裕紀)
4 銃弾の下を潜り抜けて(安田 淳)
5 学生の行動を追い続けた私の記録(野崎伸一)
6 鄧小平は「功績七割、誤り三割」(荒井利明)
7 中国民主化の火は消えず(信太謙三)
8 わが家の事件観察記(今井理之)


 第Ⅱ部 銃声と混乱の中で

9 中国共産党の噓(坂田完治)
10 あれから三〇年(森 武生)
11 風声鶴唳におののく勿れ(浅川秀二)
12 中国の運命を賭ける分水嶺(中藤隆之)
13 燃えた軍用車の謎(渡辺真純)
14 軍の銃撃に遭遇した北京脱出行(三好賢治)
15 “ファシスト!”と叫んだ涙の群衆(濱本良一)
16 語り伝えることが私の責務(諏訪一幸)
17 「戦車男(タンクマン)」を盗(と)れ(中林利数)
18 「戦車男」と義勇軍行進曲(田村宏嗣)
19 私が目撃した天安門蜂起(デイビッド・ホーリー)
20 天安門日誌(一九八九年四月一五日~六月六日)(足立誠之)


 第Ⅲ部 事件を見つめて思う

21 天安門の怒濤に直面した日本国大使(中島敏次郎)
22 中国で生まれ育った私の見方(八木信人)
23 方励之と柴玲(高橋茂男)
24 黄順興――戒厳令の解除を目指した台湾出身議会人(松尾康憲)
25 究極のリスクで得た教訓(桑田良望)
26 私が体験した「官倒」の世界(杉野光男)
27 再会を喜び合った北京日本人学校の児童・生徒たち(髙橋 豊)
28 天安門事件の主役たちの思い出(泉喜久男)
29 事件発生前に北京を脱出していた米国人親子(ケイコ・エイブラムズ)
30 外交カードだった外国保険会社への営業認可(伊藤 博)
31 天安門事件“一九八八年版”を知っていますか(小竹一彰)
32 広場の変遷三〇年(渡辺浩平)
33 北京協和病院で見た負傷の母子(濱本なほ子)
34 悪寒走った天安門広場(斧ナツヱ)


 第Ⅳ部 危機に直面して

35 “奇跡のハンドリング”と呼ばれて(尾坂雅康)
36 松下幸之助と鄧小平の約束(青木俊一郎)
37 邦人救出に参加して(福井 一)
38 事件が促した巨額の対中民間協調融資(大久保勲)
39 北京脱出記(宮寺征人)
40 水上勉が描いた北京の「蟻」たち(加藤千洋)
41 北京市民の不満を昇華――話劇「茶館」(小竹眞理)
42 天安門で得た私の危機対処法(遠藤 滋)
43 事件第二の舞台だった香港(武田一顕)
44 忘れられぬ黒い喪章の香港青年(櫻井澄夫)
45 『北京かわら版』に載った事件の記録(櫻井澄夫)

天安門事件に関連する主な著作  
関係年表  
人名索引
著者略歴
六四回顧録編集委員会(ロクヨンカイコロクヘンシュウイインカイ rokuyonkaikorokuhenshuuiinkai)
タイトルヨミ
カナ:ショウゲンテンアンモンジケンヲモクゲキシタニホンジンタチ
ローマ字:shougentenanmonjikenomokugekishitanihonjintachi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ミネルヴァ書房の既刊から
橘木俊詔/著
高階秀爾/編集 京都府立文化芸術会館/著
納富信留/編集 檜垣立哉/編集 柏端達也/編集
日本アンガーマネジメント協会/監修
本日のピックアップ
ミネルヴァ書房:関口慶太 竹内彰志 金子春菜 
コロナ社:河口信夫 高田広章 佐藤健哉 倉地亮 佐藤雅明 ほか
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
技術評論社:リンクアップ著小川ひとみ監修 
アトリエサード:アトリエサード 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。