近刊検索 デルタ

2021年6月28日発売

ミネルヴァ書房

アジア・太平洋戦争と日本の対外危機

満洲事変から敗戦に至る政治・社会・メディア
MINERVA 日本史ライブラリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
満洲事変以後の日本は、諸外国との戦争や武力衝突の危険性という対外危機と、大恐慌以後の経済危機に直面していた。なぜ日本は、この危機を克服できずに戦争への道を突き進んだのか。またなぜ早期の終戦を迎えることが出来なかったのか。さらにこの間日本はどのように変質していったのか。本書では、政治、社会、メディアなど多角的な視点から構造と実態を解明する。
目次
はじめに


 第Ⅰ部 日本の政治・外交にとっての「危機」と戦争

第1章 日本外交による満洲事変正当化の論理――「満蒙特殊権益論」の二度の転換、一九一九~三二年(中谷直司)
 1 勢力圏外交秩序後の東アジア
 2 一九二〇年代の東アジア国際政治と日本外交
 3 信夫淳平の満蒙特殊権益論
 4 満蒙特殊権益論の再転換――満洲事変の意義

第2章 満洲事変後における日満労働統制の試み――公立職業紹介事業の対満進出(町田祐一)
 1 経済危機と対外危機の中の満洲
 2 内地職業紹介行政の展開と日満労働統制の模索
 3 日満労働統制構想と挫折
 4 日満労働移動統制の構想と挫折
 5 日満労働移動ネットワークの展開へ

第3章 戦時期日本における代議士と利益団体――加藤鐐五郎と陶磁器業界を中心に(手塚雄太)
 1 代議士の「強固な地盤」はどのように維持・更新されたのか
 2 加藤鐐五郎の略歴と政治的位置
 3 陶磁器業界の概要
 4 支持基盤としての陶磁器業界
 5 日中戦争期の陶磁器業界と加藤
 6 アジア・太平洋戦争期の陶磁器業界と加藤
 7 「危機」の時代における媒介者としての代議士

第4章 「終戦工作」における宮中勢力の動向――木戸幸一内大臣を中心に(茶谷誠一)
 1 「終戦工作」研究と宮中の位置づけ
 2 「試案」作成までの経過と背景
 3 六月二二日「御召」御前会議とその後の経過
 4 ポツダム宣言受諾の政治過程と宮中


 第Ⅱ部 日本のメディア人にとっての「危機」と戦争

第5章 政治家・永田秀次郎の国際交流――東京オリンピック、エスペラント、世界教育会議を中心に(浜田幸絵)
 1 「国家的なもの」と「国際的なもの」
 2 永田秀次郎の人物像
 3 永田秀次郎と一九四〇年東京オリンピック招致――紀元二六〇〇年と国際イベント
 4 永田秀次郎とエスペラント――「愛国運動」とエスペラントの両立
 5 永田秀次郎と世界教育会議――日本に対する偏見・誤解への挑戦
 6 国家意識によって支えられた国際交流

第6章 日中戦争期における中国専門記者の認識と活動――太田宇之助を中心に(島田大輔)
 1 太田宇之助とは誰か
 2 日中戦争以前の太田の中国認識
 3 日中戦争における太田の認識と活動⑴――盧溝橋事件から支那派遣軍嘱託就任まで
 4 日中戦争における太田の認識と活動⑵――南京駐在時期に実施に関与した政策
 5 試される中国専門記者――太田宇之助と日中戦争

第7章 言論人・正木ひろしの国際認識――戦中期を中心に(片山慶隆)
 1 正木ひろしの国際認識に注目する意義
 2 『近きより』について
 3 中国認識
 4 英米認識
 5 独伊認識
 6 正木の国際認識とその特徴


おわりに  
事項索引
人名索引
著者略歴
片山 慶隆(カタヤマ ヨシタカ katayama yoshitaka)
2021年6月現在 関西外国語大学英語国際学部准教授
タイトルヨミ
カナ:アジアタイヘイヨウセンソウトニホンノタイガイキキ
ローマ字:ajiataiheiyousensoutonihonnotaigaikiki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ミネルヴァ書房の既刊から
海野道郎/著
矢嶋里絵/編集 田中明彦/編集 石田道彦/編集 高田清恵/編集 鈴木靜/編集
田端泰子/著
臨床発達心理士認定運営機構/監修 西本絹子/編集 藤崎眞知代/編集
義江明子/著

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。